チャン・グンソク&ハン・イェリ主演「スイッチ-世界を変えろ」予告編第2弾を公開…痛快な展開に期待(動画あり)

OSEN |

写真=SBS
「スイッチ-世界を変えろ」側が、チャン・グンソク、ハン・イェリ、チョン・ウンインの痛快な展開を予告する予告編第2弾を公開した。

28日から韓国で放送スタートするSBS新水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」は、詐欺師から検察官へと、うっかり変身したサ・ドチャンが、法の目をかいくぐる人々を捕まえる、痛快な詐欺風刺ドラマだ。

先週公開された第1弾に続き、チャン・グンソク&ハン・イェリ&チョン・ウンインが登場する28秒ほどの予告編第2弾が公開され、話題を呼んでいる。

第2弾では、天才詐欺師チャン・グンソクと熱血検察官ハン・イェリ、ピルギャラリーの代表チョン・ウンインなど、それぞれキャラクターの背景が短いが強烈に表れ、視線を集める。まず、船に乗って海の上でどこかへ向かうチャン・グンソクの凛々しい姿勢の上に「うちのペク検察官と激似の人がいて、それが詐欺師だと?」という衝撃的なセリフが流れる。また、ペク・ジュンスの入構証を当ててピッという音と共にドアが開くと、検察庁の入り口を楽しげに通るチャン・グンソクのコミカルな演技が笑いを誘う。

特に、自身の前に近づいてくるチャン・グンソクを手で止めたハン・イェリは、「本当に検察官になりすませるというの?」と聞くチャン・グンソクに「断るなんてできないと思うよ」と強い口調で切り返し、その理由に好奇心をくすぐられる。そこに意味深な笑顔を浮かべたチャン・グンソクが、「詐欺は短く人生は長いから」と流暢な中国語を駆使し、天才詐欺師の華やかな一面を見せた。

また、チョン・ウンインは真夜中の暗い橋の下の車の中に隠れていたが、相手の車のヘッドライトの明かりが当たると顔が現れ注目を浴びた。また「一体君が捜査しているものは何だよ」というチャン・グンソクのセリフの上に「麻薬、検察、外交部まで動かせる、力のある人たち。その人たちを決して許しません」と、泣き叫ぶようなハン・イェリの声が載せられ、好奇心をくすぐる。

何より「50億ウォン(約5億円)か…オッケー。やるよ」とし、詐欺師チャン・グンソクと検察官チャン・グンソクが向かい合う姿で最後を飾り、緊張感を高めると同時に「素晴らしいスイッチだった」という軽快な声が響き、ドラマ「スイッチ」に対する関心を高めた。

制作陣側は「チャン・グンソク&ハン・イェリ&チョン・ウンイン、3人の切っても切れない関係がインパクトある形で詰め込まれた。同じ形のものをすり替える詐欺手法を意味するスイッチがドラマのタイトルであることが再び強調され、『スイッチ』ではどんなストーリーが繰り広げられるか期待してほしい」と伝えた。

SBS新水木ドラマ「スイッチ」は、「怪しい家政婦」「必殺!最強チル」のペク・ウンチョル脚本家とキム・リュヒョン脚本家がナム・テジンプロデューサーと意気投合し、期待を集めている。SBS新水木ドラマ「スイッチ」は「リターン」の後番組として3月28日から韓国で放送が開始される。

記者 : チェ・ナヨン