性行為を同意なしに撮影?バラードグループ所属のA氏の元恋人が暴露…続く #MeToo 運動

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
バラードグループのリードボーカルA氏の恋人だと主張するB氏が、自身の同意なしにA氏が性行為映像を撮影したと暴露した。

本日(5日)、SBS funEはA氏の元恋人だと主張する匿名の女性B氏とのインタビューを報道した。

報道によると、B氏はA氏が練習生だった時代から交際を始め、デビュー後にも恋人関係を維持した。しかしA氏がB氏の同意なしに性行為映像を撮って、保管していたことが発覚し、二人の関係が悪くなり始めた。

B氏は該当映像の削除を求めたが、A氏は何回も言い訳をし「削除した」と知らせた。しかし、その後もビデオ電話をしようと言いながら、数回に渡って体の映像を求めながらB氏を圧迫した。

B氏は該当映像が出回るかもしれないという不安で、約8年間うつ病の薬を飲むほどトラウマにさらされたと伝えられた。

B氏は「恋人の間で、愛という名で行われる隠しカメラなどの性暴力は、被害者の魂に刀を刺すことと変わらない犯罪だ」とし「似たような経験を経た被害者に勇気を出して欲しくて、私の経験を明かすことにした」と明かした。

キム・テリ、韓国で広がるセクハラ問題に言及「勇気ある被害者たちの声で少しずつ変化が…」

イ・スンジェ、韓国で広がる“セクハラ問題”に言及「相手を部下ではなく、人として思うべき」

記者 : シン・ナラ