オ・ダルス、新ドラマ「私のおじさん」降板を発表…今後映画に及ぼす影響は?

OSEN |

写真=OSEN DB
俳優オ・ダルスがIU主演の新ドラマ「私のおじさん」から降板することになった。また、演技力が好評を博し、多数の作品に出演してきた彼は、今数本の作品が公開を控えているだけに、オ・ダルスをめぐる業界の悩みも深まっている。

セクハラ疑惑が浮上しているオ・ダルスは昨日(27日)結局、tvN「私のおじさん」から降板した。「私のおじさん」側は「オ・ダルスが制作陣との協議を経て『私のおじさん』から降板することになった。制作陣はこれからドラマの制作が円満に進められるよう、速やかに措置を取る」と正式な立場を明かした。

一方、彼が撮影を終えた映画はなんと4本もある。パク・ヘイル、チョン・ウンイン主演の「コントロール」とソル・ギョング、ムン・ソリ主演の「親の顔が見たい」はすでに撮影が終わった作品で、今年中に公開される予定だ。

「神と共に2」も同じだ。今年公開される予定であるこの作品で、オ・ダルスはあの世の裁判官役を演じ、もう撮影を終えた。チョンウ、イ・ユビが出演する「隣人」も、最近撮影が終わった。

オ・ダルスは4本の映画でいずれも重要な脇役を担っているため、もしオ・ダルスのセクハラが事実と判明すれば、映画業界に及ぼす影響は大きいと思われる。

これと関連し、昨日(26日)「事実無根」という公式立場を発表したオ・ダルスが、もう一度立場を表明するかについても関心が高まっている。本日(27日)公開された「ニュースルーム」のオム・ジヨンのインタビューがもう一度波紋を呼んだだけに、オ・ダルスが再び公式立場を発表する可能性も高い。

結局、ドラマの降板を宣言したオ・ダルス。彼をめぐり、映画界の悩みも深まっている。

ニュース番組で公開非難…顔と実名公開「オ・ダルスからセクハラを受けた」

オ・ダルス、セクハラ疑惑を否定「主張は決して事実ではない」

記者 : チョン・ジウォン