イ・ソンギュンからIUまで、新ドラマ「私のおじさん」台本読み合わせ現場を公開

TVREPORT |

写真=tvN
2018年上半期の期待作tvN「私のおじさん」の台本読み合わせ現場が電撃公開された。

昨年12月18日、ソウル上岩洞(サンアムドン)で行われたtvN新水木ドラマ「私のおじさん」の最初の台本練習には、キム・ウォンソク監督とパク・へヨン脚本家から、イ・ソンギュン、IU(アイユー)、オ・ダルス、ソン・セビョク、イ・ジア、チャン・ギヨン、キム・ヨンミン、クォン・アユン、シン・グ、ソン・スク、チョン・グクファン、チョン・へギュン、チョン・ヨンジュ、パク・ヘジュン、オ・ナラ、アン・スンギュンなど主要出演陣が参加した。

この日の現場は、韓国屈指の演技派俳優たちが大勢出演するドラマらしく、寒さも吹き飛ばす俳優たちの熱演が続き、2018年名作ドラマの誕生を予告した。

本格的な練習に先立ち「私のおじさん」を引っ張っていくキム・ウォンソク監督は「2018年春、多くの視聴者の心を温められるドラマになると信じて疑わない。視聴者に共感と感動を与えられる作品になることを願う」という期待と抱負を明かした。続いてパク・へヨン脚本家は「すごい方々と一緒に作業することができ、光栄だ。寒い冬、温かい気持ちになればと思う」という言葉を伝え、台本練習が始まった。

まずイ・ソンギュン、オ・ダルス、ソン・セビョクが現実感あふれるおじさん三兄弟のケミストリーを見せつけ、作品に対する期待を高めた。兄貴と弟の頼れる垣根になる温かい次男パク・ドンフン役のイ・ソンギュン、一番先に中年の危機を迎えたが、余裕と笑いを忘れないことを心がける長男パク・サンフン役のオ・ダルス、そして長い間抱いてきた夢を叶えることはできなかったが、自分だけには嘘をつきたくない三男パク・ギフン役のソン・セビョクがそれぞれのキャラクターに完璧に集中し、最高の呼吸を見せてくれた。

IUの演技変身も視線を引きつけた。厳しい現実を体中で耐える、冷たく荒々しい女性イ・ジアンをポーカーフェイス、ドライな話し方、妙な雰囲気で繊細に演じてみせた。他にもドンフンの妻ユニ役で新しい演技が期待されるイ・ジア、信頼して見られる演技で視聴者の心を動かす俳優シン・グ、ソン・スク、チョン・グクファン、ライジングスターのチャン・ギヨンとクォン・アユン、そして登場する作品ごとに個性溢れる演技で存在感を放つチョン・へギュン、チョン・ヨンジュ、パク・へジュン、オ・ナラ、アン・スンギュンなどがしっかりとした演技力を元に、ドラマの完成度を高めた。

制作陣は「俳優たちの存在感だけでもしっかり埋まっている台本練習現場だった」とコメントし、「俳優たちの熱演にパク・へヨン脚本家のしっかりとした台本、信頼して見られるキム・ウォンソク監督の繊細な演出が加わり、名作ドラマが誕生すると信じている。韓国で3月21日の初放送までたくさんの期待と応援をお願いしたい」と伝えた。

「私のおじさん」は人生の重さに耐えて生きるおじさん三兄弟と、厳しい人生を生きてきた一人の女性がお互いを通して人生を癒す物語を描く予定だ。「Mother」の後番組として韓国で3月21日夜9時30分から放送が始まる。

記者 : イ・ウイン