CNBLUE カン・ミンヒョク、自身のルックスに言及「『相性』で演じた絶世の美男子、シンクロ率は…」

MYDAILY |

CNBLUE カン・ミンヒョクが、自分の外見についての考えを明らかにした。

昨日(12日)午後、NAVERのライブ配信アプリ「V」のムービーチャンネルでは、映画「相性」のムービートーク「V LIVE」がオンエアされた。

この日の席で、カン・ミンヒョクは「相性」で“傾国之色(国を傾けるほどの美貌)”と言われる、絶世の美男子カン・フィ役を引き受けたことについてトークした。彼は、絶世の美男子という設定に対するプレッシャーを伝えて、視線を集めた。

カン・ミンヒョクは「韓国にはイケメン俳優があまりにも多いでしょう?」とし「正直言うと、シンクロ率100%ではなく、30%ぐらいだったと思う。顔に自信がない」と謙虚に語った。

記者 : キム・ナラ、写真 : クァク・ギョンフン