カン・ドンウォン、シン・ヘソンに言及「キスした関係だから、有名になって嬉しい」

MYDAILY |

写真=YG ENTERTAINMENT
俳優カン・ドンウォンが「黄金色の私の人生」に出演しているシン・ヘソンに対して言及した。

映画「ゴールデンスランバー」の主演カン・ドンウォンは12日、三清洞(サムチョンドン)のカフェで行われたインタビューで「『華麗なるリベンジ』の撮影当時、シン・ヘソンさんに初めて会って気まずい雰囲気だったが、突然台本にもないキスシーンを撮影することになった」と話した。

続いて「映画に必要なシーンだと言われてキスシーンを撮った。キスした関係だからか、ドラマ『黄金色の私の人生』で有名になって嬉しかった」と伝えた。

彼は「映画撮影で2度しか会っていなかったので、当然気まずい雰囲気になった。今は(シン・ヘソンが)有名になったので、明確に知ることになった」と語った。

また「『黄金色の私の人生』をよく見ているが、シン・ヘソンさんの演技が素晴らしかった」と話した。

「ゴールデンスランバー」は、光化門(クァンファムン)で発生した大統領候補の暗殺事件の犯人として浮上した男の逃走劇を描いた映画で、韓国で14日に公開する。

シン・ヘソン「カン・ドンウォンとのキスシーン?仕事として頑張りました」

女優シン・ヘソン「カン・ドンウォンとのキスシーン、わざと平気なふりをした」

記者 : クァク・ミョンドン