T-ARA ウンジョン「お金の花」制作会社と専属契約“子役時代の縁がきっかけ”

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
T-ARAのウンジョンがMBC「お金の花」制作会社である(株)UFOプロダクションと専属契約を締結し、これからさらに活発な活動を予告している。

6日(株)UFOプロダクションは、ウンジョンとの契約を伝えた。2009年ガールズグループT-ARAでデビューしたウンジョンは、韓国と中国で活動をし、韓流スターとなった。

また、子役時代から重ねてきた演技経歴で、ドラマ「コーヒーハウス」「ドリームハイ」「インス大妃」「色々な嫁」などに出演し、女優としての活動の場も広げてきた。

(株)UFOプロダクションの関係者は「子役時代の大切な縁をきっかけに家族になりました。ウンジョンさんが持っている才能を自由に発揮できるよう、積極的な支援をしていく予定です。また、T-ARAとして活動できるチャンスもできるだけ作っていこうと努力するので、これからも応援宜しくお願いします。ありがとうございます」と伝えた。

ウンジョンが専属契約を締結した(株)UFOプロダクションは、オンヌリ旅行会社の子会社で、ドラマや映画制作および投資を行っており、これからウンジョンを中心に幅広くその領域を広げていく予定だ。

記者 : キム・ガヨン