ハン・ソクジュン、防弾少年団の活躍を賞賛「韓国人であることが誇らしい」

MYDAILY |

写真=O tvN「フリーな19」放送画面キャプチャー
タレントのハン・ソクジュンが防弾少年団が誇らしいと明かした。

最近韓国で放送されたtvN「フリーな19」でオ・サンジンは「アメリカの3大音楽授賞式である『アメリカン・ミュージック・アワード』(AMAs)は、世界的な影響力を持つアーティストのみが参加できることで有名だ」と明かした。

続いてオ・サンジンは「昨年11月、アジアのミュージシャンとして唯一パフォーマーとして招待されたK-POPアーティストがいた。それが防弾少年団だ」と話し、制作陣は防弾少年団が「アメリカン・ミュージック・アワード」で「DNA」のステージを披露する映像を公開した。

それを見たチョン・ヒョンムは「うわ~これ、実話か?」と感心し、オ・サンジンは「それは実話かどうかを越えて、韓国語でリリースしてアメリカで活動はしなかった曲なのに、皆盛り上がっている」と説明した後、「すごすぎる」と感心した。

またオ・サンジンは「彼らが作ったレジェンド。本当に韓国人であることが誇らしいと思うほどすごかった。昨年5月に『ビルボード・ミュージック・アワード(BBMA) 2017』でポップスターであるジャスティン・ビーバーらをおさえてK-POPグループとして初めてトップソーシャルアーティスト部門で受賞。また韓国歌手として初めて世界2大のポップチャートであるイギリス・オフィシャルアルバムチャートにランクイン、さらにイギリスのBBCでは『BTS:K-POPの王者たちの持続的な力』というタイトルで『防弾少年団はどのK-POPミュージシャンも席巻できなかった悪名高いアメリカ市場を席巻した』という企画記事まで掲載した」と伝え、ハン・ソクジュンは「本当に誇らしい」と改めて感心した。

オ・サンジン&ハン・ソクジュンら、防弾少年団のダンス動画に感嘆!“角度まで完璧”

記者 : コ・ヒャンミ