2PMのJun. K、日本ソロアルバム「NO TIME」3/21発売決定!リリースイベント&入隊前最後の日本ツアーも開催

KSTYLE |

「NO SHADOW」から1年3ヶ月。Jun. K(From 2PM)が3月21日(祝・水)に日本ミニアルバムをリリースすることが決定した。

2PMのリードボーカリストとしてそのアーティスト性を追求してきたJun. Kにとって、日本で4枚目となるソロミニアルバムのタイトルは「NO TIME」。ヒップホップやR&B、珠玉のラブバラードなど様々なジャンルを取り込んだ幅広い音楽性は今作でもいかんなく発揮され、Jun. Kの今の集大成となるアルバムとなっている。

さらに3月21日(祝・水)、記念すべき「NO TIME」発売日をJun. Kとともに祝うファンクラブ限定盤購入者限定のプレミアム・リリースイベント開催も決定。こちらは期間内に「NO TIME」完全生産限定盤(ファンクラブ限定盤)を予約購入すると応募できるイベントとなっている。詳細は「NO TIME」特設サイトをご確認いただきたい。

4月7日にはリリース記念ハイタッチ会の開催も決定。そして3月6日からは、このミニアルバムを引っ提げての入隊前最後の日本ツアーも決定しており、ますます目が離せない!

■リリース情報
Jun. K 4th Mini Album「NO TIME」
2018年3月21日発売

◯完全生産限定盤(ファンクラブ限定盤)
【2CD】ESC8-46-7 ¥3,980(税込)
[Disc1/CD]全5曲収録
[Disc2/CD]「Jun. K Live BEST」全10曲収録
豪華ポップアップ仕様34P撮りおろしフォトブックレット
※ハイタッチ会参加権利つきカード1種、スペシャルプレゼント応募券付きカード5種、全6種のトレーディングカードのうち1種ランダム封入(シリアルアクセスコード応募券は封入しておりません)
※こちらの商品は2PMオフィシャルファンクラブHottest Japan会員の方、およびHottest Japan mobileの会員様がご購入可能です。

◯初回生産限定盤A
【CD+DVD】ESCL-5050-1 ¥3,300(税込)
[DISC1/CD]全5曲収録
[DISC2/DVD]MUSIC VIDEO(Original ver.&Dance ver.)、Making Movie収録
20P撮りおろしフォト歌詞ブックレット
※ハイタッチ会参加権利つきカード1種、スペシャルプレゼント応募券付きカード5種、全6種のトレーディングカードのうち1種ランダム封入
※シリアルアクセスコード応募券封入

◯初回生産限定盤B
【CD】ESCL-5052 ¥2,700(税込)
[CD]初回生産限定盤B限定ボーナストラック 3曲含む全8曲収録
32P撮りおろしフォト歌詞ブックレット
※ハイタッチ会参加権利つきカード1種、スペシャルプレゼント応募券付きカード5種、全6種のトレーディングカードのうち1種ランダム封入
※シリアルアクセスコード応募券封入

◯通常盤
【CD】ESCL-5053 ¥2,000 (税込)
[CD]Instrumental 1曲含む全6曲収録
※通常盤初回仕様限定盤のみハイタッチ会参加権利つきカード1種、スペシャルプレゼント応募券付きカード5種、全6種のトレーディングカードのうち1種ランダム封入
※シリアルアクセスコード応募券封入

■イベント情報
「NO TIME」ファンクラブ限定盤購入者限定PREMIUM RELEASE EVENT
3月21日(祝・水)関西某所
※応募方法等詳細は「NO TIME」特設サイトをご覧ください。

「NO TIME」リリース記念ハイタッチ会
4月7日(土)東京TFTホール1000&300&500(TFTビル西館2F)
※詳細確定次第、オフィシャルサイトで発表致します。

■ツアー情報
Jun. K(From 2PM)Solo Tour 2018 “NO TIME”
【東京】
3月6日(火)Zepp Tokyo
3月7日(水)Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
【名古屋】
3月13日(火)Zepp Nagoya
3月14日(水)Zepp Nagoya
OPEN 18:00 / START 19:00
【大阪】
3月19日(月)Zepp Namba
3月20日(火)Zepp Namba
OPEN 18:00 / START 19:00
【福岡】
3月22日(木)福岡サンパレス ホテル&ホール
OPEN 18:00 / START 19:00

■関連サイト
「NO TIME」特設サイト:http://www.2pmjapan.com/jun.k/NO_TIME/
2PM OFFICIAL WEBSITE:http://www.2pmjapan.com/

記者 : Kstyle編集部