【REPORT】B1A4 ジニョン「雲が描いた月明り」記者会見に登場“ひとりでは初めてのファンミーティングにプレッシャーも…”

KSTYLE |

2018年1月21日(日)、<「雲が描いた月明り」with ジニョン(B1A4)ドラマファンミーティング>と題したイベントが開催され、ジニョンが来日。昼公演が終わった後に記者会見が行われた。アイドルグループB1A4のリーダーを務めるジニョンだが、俳優としての単独ファンミーティングは今回が初めて。会場には抽選で選ばれたファン50名も同席し、温かいまなざしに見守られながらの会見となった。

登場したジニョンはコート男子、と呼びたくなるようなキュートなファッション。「みなさん、こんにちは、B1A4のジニョンです」と日本語であいさつすると、お人形のような端正な美貌に場内の温度が上がるようだった。

――まずは役どころについて簡単にご紹介をお願いします。

ジニョン:「雲が描いた月明り」でキム・ユンソンという役を演じました。いままで生きてきて人生にこれといった楽しみのない男性だったのですが、ある日、男装した女性に出会って、初めて人を愛するようになる。そんなキャラクターです。

――昼公演を終えた感想は?

ジニョン:このようにひとりでファンミーティングをするのは初めてだったので、プレッシャーも感じましたし、どうすればいいのかとも思いました。でも会場に来て、ファンの皆さんにお会いしたら、たくさん応援してくださいましたし、何よりも皆さんが僕に会いに来てくださったということが、とても心強かったです。ですから昼公演もとても楽しく過ごすことができました。

――役作りで難しかったことは?

ジニョン:ユンソンを演じるにあたっては、事前にしっかりと勉強し、自分がそこからどんなフィーリングを受けるかということも考えました。時代劇ということで、自分が生きたことのない時代の物語を演じるので、特に昔の言葉づかいや昔の服装に不慣れな部分もあり、多少苦労もしましたが、キャラクターに入り込むという点は、人物を理解し、監督や共演者と話し合うことで、スムーズに出来たのではないかと思います。

――初の時代劇ということで特に準備したことは?

ジニョン:撮影に入る前に、昔の言葉遣いを勉強しました。また、ユンソンというキャラクターを理解することにも時間を費やしました。ユンソンは劇中で、普段使わないような鳥肌もののセリフを言います。それをいかに淡々と言えるかどうか、そこも準備しました。

――撮影時のエピソードがありましたら、教えてください。

ジニョン:今回の作品は同世代の共演者が多かったので、気が合ったし、好きなものが似ていたりしました。撮影現場でも楽しくおしゃべりしたり、ふざけあったりしていたんですが、いざ撮影に入っても、みんなで顔を合わせると、ちょっとしたきっかけで笑い転げてしまうことがあり、そのために何度もNGを出してしまいました(笑)。

――ユンソンは愛情と友情の間で揺れますが、もしもご自分だったらどちらをとりますか?

ジニョン:難しいですね(笑)。正直、まだその経験がないので実際どうするかはよくわかりません。愛情も友情もどちらも重要ですから、そのときの状況をしっかり見極めて判断、対処すると思います。

――もしも自分がラオンだったら、イ・ヨンとユンソンのどちらを選びますか?

ジニョン:もし僕ならば、ユンソンを選んだんじゃないかと思います(笑)。というのも、ユンソンは自分が持っている愛情、気持ちを序盤から積極的に表現していたので、自分がラオンだったら序盤でユンソンに惚れてしまっていると思います(笑)。

――ジニョンさんは音楽プロデューサーでもあり、シンガーソングライターとしても活躍されています。今回、ドラマのOSTに提供した楽曲「霧の道」を、ご自身で歌われたそうですが、いかがでしたか?

ジニョン:当初、「霧の道」を自分で歌うとは思ってもいませんでした。今日歌ったのが初めてなんですが、ある意味、こうやってひとりきりで歌うもの初めてだったので、緊張しました。ただ、せっかくの機会なので、ユンソンの気持ちを考えながらドラマにはまりこんで、ユンソンが歌うという気持ちになって歌ってみたところ、うまく感情移入ができたかな、と思っています。

――「霧の道」はどのようなイメージで作られましたか?

ジニョン:「霧の道」のアルバムのジャケット写真にラオンが使われていたので、多くの方がこの曲をラオンのテーマだと思われたようですが、実はそうではなくて、僕はドラマ全体のことを考えながら作りました。霧の道は、目の前が霞んで前がよく見えないですよね。そのことを少し否定的な要素として取り入れました。このドラマに出てくるキャラクターたちは、さまざまな苦労や痛みを抱えています。その痛みの部分を霧の道に例えました。でも頑張って霧の道を抜けられたら、そこには春の花が咲くのではないかという思いをこめたのです。ですからドラマに出てくるすべてのキャラクターのテーマになる、そんな歌ではないかと思います。

――これからドラマを見る日本の方にここは見てほしいというシーンや、思い出に残っているシーンは?

ジニョン:いろんなシーンがありますが、やはり面白い部分、楽しい部分をご紹介したいですね。剣術のアクションシーンをぜひ皆さんに見てほしいです。出演者の息もぴったり合いましたし、特にユンソンのイ・ヨンに対する気持ち、イ・ヨンのユンソンに対する気持ちがすごくよくわかるシーンなので、ぜひ見ていただきたいです。

――では、最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

ジニョン:まずはファンの皆さん、記者の皆さん、お忙しい中、おいでいただきましてありがとうございました。今日は僕ひとりでしたが、2月、5月とB1A4のメンバーとみんなで来る機会がありますので、どうか楽しみにしていてください。ありがとうございます。


通訳さんが話している間も、ファンに目線を送ったり、うなずいたり、ファンサービス満点だったジニョン。フォトタイムでは、手を振ったり、指ハートをしたり、ファイティンポーズを決めたり、かわいい仕草を連発。ファンと記者の心を奪っていた。

ライター:望月美寿 / 撮影:前手秀紀

【REPORT】B1A4 ジニョン「雲が描いた月明り」イベントで名シーンを再現!メンバー4人から罰ゲームの指令も

【PHOTO】B1A4 ジニョン「雲が描いた月明り」ファンミーティング大盛況!ファンとの楽しいひとときに感謝

■「雲が描いた月明り」DVD&Blu-ray 好評リリース中!
・DVD-SET1 130分特典映像DVD ディスク付(お試しBlu-ray 付き)
・DVD-SET2 140分特典映像DVD ディスク付(お試しBlu-ray 付き)
DVD 各19,000 円+税

・Blu-ray SET1 130分特典映像DVD ディスク付
・Blu-ray SET2 140分特典映像DVD ディスク付
Blu-ray 各21,000 円+税

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd.(C)Love in Moonlight SPC All rightsreserved

※DVD レンタル中!
※BS-TBSにて、2018年1月23日(火)スタート 月曜~金曜 夕方5:00~5:54

■「雲が描いた月明り~オリジナル サウンドトラック」好評リリース中!
金額:3,800 円+税

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

DVD公式サイト:http://kandera.jp/sp/kumo/

記者 : Kstyle編集部