「黄金色の私の人生」シン・ヘソン、パク・シフを拒絶“私は幸せになり始めた”

OSEN |

写真=KBS 2TV「黄金色の私の人生」放送画面キャプチャー
シン・ヘソンがパク・シフの告白を拒絶した。

13日午後に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「黄金色の私の人生」では、ドギョン(パク・シフ)の告白を断るジアン(シン・ヘソン)の姿が描かれた。

ドギョンはミョンヒ(ナ・ヨンヒ)からジアンが自身と関わりたくないと言ったという話を聞いて衝撃を受けた。ドギョンはジアンに「僕を信じてもう少し勇気を出してくれてもよかったのではないか。僕がこんなに頑張っているのに、家を出て自立するのは君のためだ」と話した。

これにジアンは「私のためにそうするなら、当然従わなければならないのか。私と結婚でもしたいのか。私がどうしてチェ・ドギョンさんを信じなければならないか。手を出したら私が必ずつかまなければならないか。財閥だから嫌だ。私は今幸せになり始めた。私の居場所がどこなのか、どこにいれば幸せになるのかもう知っている。だからやめて帰って。切なくて見ていて辛い」と本気を語った。

記者 : チ・ミンギョン