防弾少年団「第32回ゴールデンディスクアワード」大賞受賞した感想伝える“ファンと素敵な思い出を作りたい”

OSEN |

写真=防弾少年団 Instagram
防弾少年団が「第32回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門で大賞を受賞したことに対し、A.R.M.Y(防弾少年団のファンクラブ名)に感謝の気持ちを伝えた。

ジンは11日の授賞式が終わった後、自身のInstagramに「皆様のおかげで大賞を受賞しました。ありがとうございます! A.R.M.Yであることはご存知でしょう? このトロフィーをA.R.M.Yである皆さんの家に一つずつ置いていただきたいです」という文章と共にトロフィーを持って撮ったセルフショットを公開した。

J-HOPEも「非常に意義深くて意味のある賞。涙ではなく明るい笑顔で賞を頂きたかったです。誰より幸せで多くの方から祝って頂く光栄ある場であるだけに、明るい笑顔が受賞の場をさらに素敵にしてくれると思いました。うちのA.R.M.Y、ありがとうございます。愛してます」と感謝の気持ちを伝えた。

ジョングクは大賞を受賞した主人公は本人ではなく、A.R.M.Yの皆さんだと言い、特別な挨拶を伝えた。RMとVは短い映像でファンに感謝の気持ちを表現した。SUGAもトロフィーを持ったセルフショットで率直な気持ちを込め、ファンに届けてくれた。

最後にジミンは「今日応援に来てくださったA.R.M.Yの皆さん、本当にありがとうございます。愛してます。今年はたくさんの綺麗な思い出を作りましょう!」と新年の挨拶と共に大賞受賞の感想を明かした。

防弾少年団は11日に開催された「第32回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門の授賞式にも出席し、底力を見せた。






※動画はクリックまたはタップで閲覧できます。

記者 : パク・ソヨン