2PM ウヨン、2ndミニアルバム「別れる時」スポイラー映像公開…多彩な雰囲気の曲を収録

10asia |

写真=JYPエンターテインメント
2PMのウヨンの2ndミニアルバム「別れる時」のアルバムスポイラー映像が公開された。

JYPエンターテインメントは12日0時、公式ホームページとSNSにタイトル曲「ぴたり」を含んだウヨンの2ndミニアルバム「別れる時」のハイライト音源付きのスポイラー映像を掲載した。

ウヨンの9日と10日の2日に渡って公開されたジャケットコンセプトイメージを背景にした該当映像は、8日に映像と共に披露した収録曲「Going Going」を除く6トラックで構成されている。

低い声から始まる1番トラック「I like」は、「I like あれこれとした対話の中の僕を」という歌詞と、静かなピアノの旋律に似合う重いビートで耳を捉える。続くタイトル曲「ぴたり」は「最後まで耐えてみる。むしろただ僕の代わりに泣いてくれ」という歌詞がギターサウンドの上に溶け込み、独特な別れの感情を表す。それ以外に公開された「Don't act」「思いっきり」「みんな」「Party Shots」など、互いに違う雰囲気の曲がウヨンの広い音楽的スペクトラムを見せている。

全て自作曲で揃えた今回のアルバム「別れる時」は、2012年7月に1stミニアルバム「23, Male, Single」以降、韓国では約5年半ぶりに発売する2ndミニアルバムだ。

ウヨンは昨年発売した日本でのミニアルバム「Party Shots」と「まだ僕は…」でオリコンチャートのトップを飾り、6都市で開催された11回のコンサート及び13回に渡って行われた2度目の全国ツアーまで成功させ、日本でソロ歌手としての強大な影響力を立証した。

ウヨンは15日午後6時、2ndソロミニアルバム「別れる時」を発売する。続いて来月10日と11日にはソウル漢南洞(ハンナムドン)BLUESQUAREアイマーケットホールでニューアルバム発表を記念する単独コンサートを開催し、ファンたちと出会う。

記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな