「付岩洞復讐者たち」U-KISS ジュン“グループの名前を知ってもらえてうれしい…目標はRAIN先輩”

TVREPORT |

U-KISSのメンバージュンがますます真価を発揮している。U-KISSとしてデビューし、ドラマ「付岩洞復讐者たち」を通じて演技ドルとしても認められた。U-KISSのジュン、俳優イ・ジュニョンとして同時に名を知らせたのだ。

ジュンはtvN 「付岩洞復讐者たち」(脚本:キム・イジ、ファン・ダウン、演出:クォン・ソクジャン、キム・サンホ、イ・サンヨプ)の終了を迎えてTVレポートとインタビューを行った。彼はドラマでイ・ビョンス(チェ・ビョンモ)の息子であり、ボクジャ(復讐者)クラブの末っ子イ・スギョム役を務め、熱演を披露した。

「付岩洞復讐者たち」で初めて演技を披露したジュンは合格点をもらった。リアルな慶尚道(キョンサンド)の方言から多彩な感情演技まで絶品だった。ラ・ミラン、ミョン・セビン、チェ・ビョンモなど錚錚たる先輩たちの中でも埋もれず、むしろより存在感が大きくなった。

今回の機会を通じてジュンはU-KISSの名も知らせた。彼は2014年にU-KISSのメンバーとして合流した後、着実に活動してきた。しかし、容易な道ではなかった。

ジュンもそれを知っていた。彼は「一番悔しかったのは、僕たちの歌ではなく、チームのイメージに対して悪く考える人がいたことです。その部分が辛かったです。泣きそうになったことも多かったです」とし「今回再び名前を知らせることができて感謝しています。僕の歩いてきた道が意味のないものではなかった、うまく耐えてきたと思いました」と話した。

続いて「他にもアイドルもとても多いですし、上手なチームも多いです。U-KISSとしての活動は続けていく予定です。僕たちは一つです。U-KISSとして認められることに僕も力を添えられたらと思います。音楽的にも認められたいです」とつけ加えた。

特にジュンは歌手兼俳優のRAINをロールモデルとして挙げた。彼は「僕の最終的な目標は多才多能なエンターテイナーです。他の方もいらっしゃいますが、僕の基準ではRAIN先輩だと思います。ダンス、ラップ、ボーカル、演技全てが可能なRAIN先輩が歩いてきた道を続いて歩きたいです」と明かした。

また「RAIN先輩はもともと尊敬していました。RAIN先輩が歩いてきた道を歩きたいですが、第2のRIANではなく、イ・ジュニョンとして歩きたいです。万能エンターテイナーとして記憶されたいです」と強調した。

ジュンは今後の計画に対して「演技者イ・ジュニョンとしては、もっと真実味があって、より多くの方々に親近感を持っていただける俳優になりたいです。多くの方々が共感する演技もやりたいです。アイドルとしてはU-KISSが大衆にもっと良いイメージでたくさん認識されたらいいなと思います」と語った。

写真=ムン・スジ

記者 : パク・グィイム