「第6回大韓民国トップスター賞」授賞式開催も受賞者がまさかの多数欠席

OSEN |

写真=OSEN DB
授賞式は開かれたが、受賞者のほとんどが出席しなかった。

28日午後、ソウル龍山(ヨンサン)ドラゴンシティ・グランドボールルームでは、「第6回大韓民国トップスター賞」授賞式が開催された。

午後6時から始まった授賞式は、開会宣言、国民儀礼、祝辞などの後、7時が過ぎて本賞の授賞が始まった。

韓国映画人気スター賞を皮切りに、トップスター賞まで9つの部門で授賞が行われた。人気スター賞はパク・ソジュン、イ・ドンフィ、AFTERSCHOOL ナナ、キム・スアン、トップ歌手賞はペク・チヨン、Wanna One、エンターテイナー賞はイ・グァンス、トップスター賞はナ・ムニ、イ・ジョンヒョン、ヒョンビンらが受賞した。

映画「スウィンダラーズ」で人気スター賞を受賞したナナは「このように良い場に招待していただいただけでも感謝している。しかも良い賞までくださって感謝している」、「犯罪都市」でトップ助演賞を受賞したチェ・グィファは「有意義な賞をいただいて感謝している。マ・ドンソク兄さんに感謝したい、共演しながらすごく勉強になった」、イ・ジョンヒョンは「一緒に撮影しながら苦労した監督、スタッフ、主演と助演、端役の俳優のみなさんに感謝を言いたい」とそれぞれ受賞の言葉を語った

その他にも「軍艦島」イ・ジョンヒョンとキム・スアン、「犯罪都市」カン・ユンソン監督、ペク・チヨン、Wanna Oneなどは賞をもらって喜んだが、この日の授賞式には受賞者の半数以上のスターが出席しなかった。パク・ソジュン、イ・グァンス、イ・ハニ、ナ・ムニ、ヒョンビンなどが映画撮影と個人的な事情により参加しなかった。不参加となったスターの中で、唯一ヒョンビンだけが映像メッセージを通じて受賞の感想を伝えた。

また、「大韓民国トップスター賞」側は先駆けて報道資料を通じて、トップスター賞に「沈黙」チェ・ミンシクと人気スター賞「犯罪都市」ユン・ゲサンが受賞者に選定されたと知らせたが、授賞式の現場では除外され、人々を困惑させた。ユン・ゲサンとイ・ハニカップルが一緒に出席することも報道資料を通じて公開されたが、事実ではなかった。

これとともに授賞式の途中でMCのキム・イルジュンとイ・ジエは、イ・ハニの遅刻に言及しながら「遅くなってもぜひ来てほしい」と言ったが、イ・ハニの所属事務所側はOSENとの取材で「昨日からイ・ハニが授賞式に参加できないと知らせている。今日もお話している」とし、最初から参加の計画がなかったと説明した。

【PHOTO】AFTERSCHOOL ナナ「大韓民国トップスター賞」授賞式に出席“完璧な美貌”

ナ・ムニ&チェ・ミンシク&イ・ジョンヒョン&ヒョンビン、俳優協会が選ぶトップスター賞を受賞

【受賞者リスト】

◆トップスター賞:ナ・ムニ(「I Can Speak」)、イ・ジョンヒョン(「軍艦島」)、ヒョンビン(「共助」「スウィンダラーズ」)

◆新人監督賞:カン・ユンソン監督(「犯罪都市」)

◆トップ監督賞:チャン・フン監督(「タクシー運転手」)

◆トップ助演賞:チェ・グィファ(「タクシー運転手」「犯罪都市」)、イ・ハニ(「沈黙」「ブラザー」)

◆人気スター賞:パク・ソジュン(「ミッドナイト・ランナー」)、イ・ドンフィ(「ブラザー」)、ナナ(「スウィンダラーズ」)、キム・スアン(「軍艦島」)

◆トップ歌手賞:ペク・チヨン、Wanna One

◆トップエンターテイナー賞:イ・グァンス

◆トップスポーツスター賞:ヤン・ヒョンジョン選手(KIAタイガース)

◆特別功労賞:イ・ドクファ

記者 : ハ・スジョン