ソン・ユリ「悪役への変身より、年齢に合った役を演じてみたい」

TVREPORT |

写真=GRAZIA
女優ソン・ユリが彼女ならではの魅力をアピールした。

最近、ファッション雑誌「GRAZIA」側は、ソン・ユリが撮影に参加したグラビアを公開した。

ソン・ユリのグラビアの撮影は、ハワイの小さな島のラナイ島で行われた。別名スイートハート・ロックとも呼ばれているプウぺへ岩など、美しいラナイ島の様々な景色を背景に魅力的な雰囲気のグラビアを作り上げた。

ラナイ島を初めて訪問したというソン・ユリは、ゴルフと乗馬、射撃など様々なことを体験しながら楽しい時間を過ごしたという。グラビア撮影とともに行われたインタビューで彼女は、普段あまり公開されてない日常の姿とともに、俳優としての抱負を語った。

MBC「モンスター」の韓国での放送終了後、休息期を過ごしているソン・ユリは「運動に夢中になって、体力をつけるなどして時間を過ごしました」と明かした。続いて「『モンスター』の終了後、体力が落ちたせいで、体調を崩したため、様々な治療を受けたけどあまり役に立たなかったです。運動するしかない思って始めました。バレー、ヨガ、水泳など様々な運動をしています。効果が目に見えて出てくるようになってくると、運動するのががすごく楽しくなりました」と付け加えた。

さらに、ソン・ユリは「近いうち、良い作品で皆様にお会いしたいと思っています。自分に似たキャラクターを演じてみたいです」とし「tvN『この人生は初めてなので』を見たけど、ヒロインのキャラクターが私にとても似ていると感じました。その時初めて、役に合わせて自分を変えようとするより、本当の私のような役、私に似た役を演じて見たいと思いました。もちろん変身するのもいいし、悪役も演じたいけど、今の私の年齢に合った、現実感のある役を演じてみたいです」と話した。

より詳しいグラビアは「GRAZIA」1月号で確認できる。

記者 : パク・グィイム