ミュージックビデオ監督イ・サガン「ドラマの主役のオファー?演技に素質がないのは知っていた」

MYDAILY |

写真=「bnt」
ミュージックビデオ及びCM監督のイ・サガンが、自身の話を伝えた。

イ・サガンは18日、雑誌「bnt」とのインタビューで、自身の職業に対する満足度が高いと伝えた。彼女はミュージックビデオ監督という職業について「スターたちを素早くキャッチして、最も素敵な姿をアピールすることができるようにサポートするのが役割です。主にアイドルグループと作業しています」と説明した。

イ・サガンは以前、MBC every1「ビデオスター」に出演して、過去に韓国で放送されたドラマ「秋の童話」で、ソン・ヘギョが演じた主演ウンソ役のオファーを受けていたというエピソードを伝え、視線を引き付けた。

監督になる前に女優が目標だったのかという質問に、彼女は「最初から演出が勉強したかったです。演技に素質がないのを以前から知っていました」と告白した。

監督の他にやってみたかった仕事に対して聞くと、他の職業には関心がなかったとはっきりと答えた。彼女は「監督の他に、関連した職業としては、スタジオを設計してみたいと考えたことがある」と話し、現在の職業に対して満足感を示した。

華やかな芸能界の人脈で注目を受けたことがあるイ・サガンだが、アイドルグループとの親交に対して彼女は「ミュージックビデオ作業が終わると、親しくなります。最近は、アイドルグループとの年齢の差が大きくなり、友達という概念はなくなってきています。以前までは、お姉さんの位置だったとしたら、今は監督の位置に変わっているみたいです」と伝えた。

この日、イ・サガンは細いボディラインの維持の秘訣はもちろん、結婚に対する考えも聞かせてくれた。彼女は「太る体質ではないみたいです。実はダイエットが必要な職業ではないから、頑張って管理する必要はないです。秘訣としては、お水はもちろん、各種飲料水をたくさん飲んでいます。そのおかげで基礎代謝量が高くなり、肌も良くなっています」と答えた。

記者 : イ・スンギル