「この人生は初めてなので」チョン・ソミン“最初のキスシーン、すごく気まずかった”

OSEN |

チョン・ソミンが連続ヒットで”ラブコメの女神”として確実な存在感を見せつけた。ピョン・ミヨン(「お父さんが変」)も、ユン・ジホ(「この人生は初めてなので」)も、チョン・ソミンという女優のおかげで、さらに魅力的なキャラクターに誕生した。

最近、ソウル鍾路(チョンノ)区三清洞(サムチョンドン)のカフェで、tvN 「この人生は初めてなので」終了記念インタビューが行われた中、チョン・ソミンは「ユン・ジホを演技しながらすごく勉強になりました。元々悶々とするタイプでも、ジホは普段は消極的で小心者ですが、状況によって自身を守るために自身の話をするタイプです。私とは違って、羨ましかったです。私を苦しめていた性格を直す良いきっかけになりました」と放送終了の心境を語った。

チョン・ソミンは「この人生は初めてなので」でユン・ジホ役を務めて、イ・ミンギと甘いラブストーリーを演出した。ホームレスの賃借人とマイホームを購入したがローン返済に苦しむ“ハウスプア”大家との契約結婚を、型にはまったものではなく、スタイリッシュに優しく描き、視聴者の好評を得た。特にチョン・ソミンは「お父さんが変」に続き「この人生は初めてなので」で、ラブコメディの女神というタイトルを確固たるものにした。

彼女はこのような賞賛に「誰があんなありがたいことを言ってくださったのかしら」とはにかみながら笑った。そして「どんなニックネームも、つけていただくのはありがたいことです。愛情があるのだから。実はニックネームがなくても、役者をしていることだけで幸せですが、愛情のこもったニックネームまでつけていただくのは、感謝すべきことです。仕事をするのが本当に楽しい」と挨拶した。

前作ではイ・ジュンと愉快なラブコメディを披露したとすれば、今回はイ・ミンギと甘いムードを作った。「誰にでも長所があるので、それを探すと良く見えるから、それが演技に表れる」というのが彼女のケミ(ケミストリー、相手との相性)ノウハウだ。

特に、彼女はイ・ジュンとイ・ミンギに対して「イ・ジュンとのケミが良かったと評価してくださったので、次回作の『この人生は初めてなので』も恋愛ドラマだったので不安が多かったです。『お父さんが変』のイメージが今回の作品に影響を与えたらどうしようと思ったけれど、幸い視聴者たちがそこにハマって観てくださいました。1歳離れたイ・ジュンは気楽にいたずらしながら撮影しました。ビーグル美(ビーグル犬のように活発でやんちゃな愛らしさがあること)のあるキャラクターだから。一方で、イ・ミンギは貫禄があります。先輩は先輩だと思いました」と説明した。

イ・ミンギに対する感謝の言葉も忘れなかった。「私よりずっと経歴の多い先輩なので、頼りになりました。最初はセヒ(イ・ミンギの役名)が人間ぽい匂いがしないキャラクターでしたが、撮影しない時は気を配ってくれました。ナム・セヒがこれでも良いのかと思うほど、優しくしていただきました。だから一緒に演技しやすかったです。私がこうすると、こう受け入れてくれるんだろうという信頼ができました」と語った。

何より2人は第1話のエンディングでのサプライズキスシーンで話題を呼んだ。撮影当時にはまだ親しくなる前だったため、気まずい中でキスシーンを撮影することになったが、チョン・ソミンは「すごく気まずかったです。初めてのキスシーンはなぜこんなに親しくない時に撮るんだろうと。すごく気まずかったけれど、不便ではなかったです」とし、笑顔を見せた。

2017年誰よりも愛されたチョン・ソミン。彼女は「同じ1年なのに、年末がなぜこんなに遅く来たんだろうと思うほど、感謝する1年でした。今日の私が一番成熟していると思うのですが、特に多く成長した1年でした。仕事しながら楽しかったです。仕事が楽しかっただけに、これまでストレスも受けてきたけれど、今年は少ないストレスで大きな幸せを感じました」と打ち明けた。

また、彼女は「運命的な作品を待っています。計算的なものではなく、ぐっと惹かれる作品に出会いたい。『この人生は初めてなので』がそうでした。作品のキャラクターとして長く記憶されたいです。『お父さんが変』のピョン・ミヨン、『この人生は初めてなので』のユン・ジホのように、私はいなくても大丈夫ですが、観た方々の記憶に長く残っていてほしいです」と語った。

「この人生は初めてなので」を終えたチョン・ソミンは、しばらく休息を取った後、次回作でファンに会う予定だ。

記者 : パク・ソヨン