「第17回 ディレクターズ・カット・アワード」韓国映画監督が選んだ最高の映画&映画人は?(総合)

OSEN |

写真=「V LIVE」放送画面キャプチャー
韓国映画監督が選んだ最高の映画と映画人が選定された。

「第17回ディレクターズ・カット・アワード」は昨日(7日)、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて授賞式を生中継した。

「ディレクターズ・カット・アワード」は(社)韓国映画監督組合の監督らが主催となって受賞者を選び授賞する映画授賞式だ。韓国を代表する映画監督たちが選定・授賞する授賞式であるため、一層意味がある。

監督賞は「オクジャ」のポン・ジュノ監督が獲得した。Netflixとコラボした大作「オクジャ」で、韓国はもちろん海外から注目を浴びたポン・ジュノ監督は、2000年新人監督賞に続き、2003年、2014年に監督賞を受賞し、3年ぶりに4番目の「ディレクターズ・カット・アワード」で受賞を果たした。

ポン・ジュノ監督は「本当に照れる。本当に貴重な場だと思うし、感謝する場だ」と感想を語った。この日、ポン・ジュノ監督は「夢のジェイン」のチョ・ヒョンフン監督を激賞し「僕にとっての今年最高の作品は『夢のジェイン』だと思う」と述べた。

主演賞は「殺人者の記憶法」のソル・ギョングと「I Can Speak」のナ・ムニが受賞した。ソル・ギョングは「不汗党」で「第54回大鐘賞映画祭」「第27回韓国映画評論家協会賞」で主演男優賞を受賞したのに続き、今回の「ディレクターズ・カット・アワード」では「殺人者の記憶法」で主演男優賞を獲得し、最高の1年を過ごすことになった。またナ・ムニは、今年韓国で開かれた映画授賞式で主演女優賞を席巻し“主演女優賞オールキル”という、前人未到の記録を打ち立てた。

ソル・ギョングは「僕を誰かに何とかしてほしいと思った時に出会ったのが『不汗党』と『殺人者の記憶法』だった。これからももっと切実に求めていく」と感想を語り、ナ・ムニは「私はいつも監督のキューサインに合わせて演技をしてきた。これからもいつもキュー、合いの手に合わせて、監督と一生懸命に一生懸命に演技する」と感想を語った。

新人賞格の今年の新しい俳優賞は「タクシー運転手」のチェ・グィファ、「朴烈」のチェ・ヒソが受賞した。チェ・グィファはこの日、妻が息子を出産したことをサプライズ発表し、2倍の喜びを味わった。チェ・ヒソは全映画授賞式で新人賞を手にし、監督が選んだ最高の新人として認められる感激を味わった。

また「今年の特別言及」作品としては「I Can Speak」「朴烈」「タクシー運転手」「密偵」「ザ・キング」「共犯者たち」が選ばれた。

映画監督からMBCの社長になったチェ・スンホ監督は、「共犯者たち」で今年のビジョン賞を受賞した。チェ・スンホ監督は「これからMBCにたくさん出演してほしい。私たちが最善を尽くす。MBCが変わるので、今まで与えてきた失望感を全部お返しできるように全力を尽くして努力する。これからはMBCを思い浮かべた時『会えば嬉しい友だち』と思っていただければ幸いだ。任務を全うする日、映画界に再び戻ってくる」と感想を明かした。

【「第17回ディレクターズ・カット・アワード」受賞者(作)】
監督賞:ポン・ジュノ(「オクジャ」)

今年の新人監督賞:チョ・ヒョンフン(「夢のジェイン」)

今年のビジョン賞:チェ・スンホ(「共犯者たち」)

今年のジャンル映画賞:ヨン・サンホ(「新感染 ファイナル・エクスプレス」)

今年の主演男優賞:ソル・ギョング(「殺人者の記憶法」)

今年の主演女優賞:ナ・ムニ(「I Can Speak」)

今年の新しい男優賞:チェ・グィファ(「タクシー運転手」)

今年の新しい女優賞:チェ・ヒソ(「朴烈」)

今年の特別言及作品:「I Can Speak」「朴烈」「タクシー運転手」「密偵」「ザ・キング」「共犯者たち」

記者 : チャン・ジンリ