防弾少年団からTWICEメンバーまで…アイドルたちの過去の夢とは?

OSEN |

写真=OSEN DB

アイドルになっていなければ何になっていたのだろうか。防弾少年団からTWICEメンバーまで、人気アイドルたちの過去の夢をまとめてみた。


防弾少年団 V…農家→フォトグラファー

Vは小学校6年生の時から田舎に住んでいたため、祖母のように農家になるのが夢だったという。しかしデビューした後、写真の楽しさにハマった彼は、歌手になっていなければフォトグラファーになっていたはずだと明かした。

防弾少年団 V、将来の夢を明かす「◯◯を買った」


Apink ソン・ナウン…美大生

ソン・ナウンは過去、美大入試の準備中に偶然一緒に行った従姉妹のオーディションで共に合格し、歌手デビューした。もしソン・ナウンがオーディションに合格していなければ、そのまま美大生になっていたかもしれない。

Apink ソン・ナウン「美大進学とアイドルデビュー」…二つの進路で悩んだ過去を告白


MAMAMOO ソラ…不動産業者

観光科を専攻していたソラは進路が見つからず、母親から宅建の資格を取得するようにとプレッシャーを受けたという。歌手になっていなければ、“不動産の龍の手”になっていたかもしれない。


TWICE ジョンヨン…パン屋

厳しい練習生生活に疲れて、しばらくパン屋のバイトをしたという彼女。しかし、思ったよりパン屋の仕事が自身に合っていたため、しばらく完全に定着しようかとも思ったという。

TWICE ジョンヨン、練習生時代のバイト生活を語る「事務所を辞めて就職しようかと…」


元SISTAR ソユ…美容師

ソユの夢は幼い頃から歌手だったが、競争率が激しいため、失敗した場合の対策として美容師の免許を取得しておいたという。


元RAINBOW ジェギョン…デザイナー

ジェギョンの幼い頃の夢はデザイナーだったという。そのためか、彼女は並外れた絵描きの実力者であることはもちろん、同徳(トンドク)女子大学校の衣装デザイン学科出身でもある。


GOT7 ジャクソン…フェンシング選手

ジャクソンのデビュー秘話はかなり有名だ。フェンシング選手の香港代表として活動していた彼はラッパーの夢を持っていたが、ちょうどJYPエンターテインメントにキャスティングされ、両親の許可を得るためにアジア・ジュニアフェンシングチャンピオンシップで1位を取り、韓国に来るようになったという。

GOT7 ジャクソン「JYPに入るためにフェンシング大会で1位をとった」エピソードを告白

記者 : キム・ナヒ、グラフィック : OSEN探求チーム