THE BOYZ、デビュー曲「Boy」MV公開…“中毒性あるメロディー”

OSEN |

写真=「Boy」MV
THE BOYZがタイトル曲「Boy」でデビューした。

チュ・ハクニョン、ヒョンジェ、ソヌ、ヨンフン、ファル、ケビン、サンヨン、ジュヨン、ニュー、キュー、ジェイコブ、エリックで構成された12人組ボーイズグループTHE BOYZは6日午後6時、韓国の全音楽配信サイトを通じてデビューアルバム「THE FIRST」を発売し、音楽界にデビューした。

タイトル曲「Boy」はダイナミックなビートの上に叙情的なメロディーが融合された曲で、中毒性あるメロディーと世界を魅了する少年THE BOYZの堂々としたメッセージを込めた楽曲だ。Mnet「高等ラッパー」で凄まじい潜在力を見せつけたソヌが作詞に参加した。

「The First」は“最初”を意味する辞典的な意味のように、彼らの華やかな始まりを詰め込んだミニアルバムだ。人気ミュージシャンPrimaryがアルバムに参加し、THE BOYZの始まりを応援した。12人の少年、12つの夢が1つになって誕生したアルバムで、THE BOYZの真価を確認することができる。

THE BOYZはメンバー全員がセンターと言っても良いほどの実力とルックス、魅力を兼ね備え、2018年のスーパールーキーの登場を予告した。豪華な作曲家軍団の応援とアイドルファンダム(特定のファンの集まり)が注目する中で、彼らが12月の華やかな出撃を披露できるか関心を高めている。

THE BOYZは6日、ニューアルバムの発売を皮切りに、精力的なデビュー活動を始める。

記者 : チョン・ジウォン