Vol.1 ― SF9、日本1stアルバムをリリース「僕たちの1年の活動が詰まっています!」

KSTYLE |

SF9が日本メジャーデビュー約半年にして、1stアルバムをリリース。12月13日発売の「Sensational Feeling Nine」は、10月12日に韓国でカムバックした最新曲「僕の太陽~O Sole Mio~」に加え、韓国ではすでに発売されていた人気楽曲が今回日本語バージョンとして新たにレコーディングされ全10曲で構成されている。デビューシングル「Fanfare」はオリコンウィークリーチャート6位を記録。さらに同月発売の2ndシングル「Easy Love」は、オリコンウィークリーチャートで5位を記録するなど、日本でも着実な結果を残し、人気急上昇中の彼らにアルバムのリスニングポイントを聞いた。

【インタビューVol.2】SF9、待望の日本1stアルバムリリース!メンバーが日本で楽しみにしていることとは?
【PHOTO】SF9「いつか日本オリジナルアルバムも出したいです!」
【プレゼント】SF9直筆サイン入り「Sensational Feeling Nine」ポスターを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――日本でフルアルバムを出すと聞いた時、どんな気持ちでしたか?

ジェユン:日本で初めてのコンサートを終えた後に、また一つ良い知らせを聞き、とても感激しました。日本語でレコーディングをすると、韓国語とはまた違う新鮮な感じがして良かったです。今後もたくさん日本で活動ができたらいいなと思いましたし、いつかは日本オリジナルアルバムも出したいです。

ヨンビン:SF9のこれまでの1年間の活動を盛り込んだようなアルバムなので、ファンの皆さんがどのような反応をしてくれるのかとても楽しみにしています。メンバー同士で、日本の皆さんが気にアルバムを入ってくださって、もっと日本で活動ができたらいいねと話しました。

インソン:韓国活動の最中でしたが、一生懸命に準備したんです。だから、個人的にすごく良いものができたと思っていますし、たくさんの方に聞いていただけたらうれしいです。

――今回のアルバムで初めてメンバー個別9種類の完全生産限定ピクチャーレーベル盤がリリースされるということで、感想を聞かせてください。

ジェユン:写真を見ましたが、カッコよく仕上がっていて驚きました!

インソン:きれいな写真がたくさん撮れたので、それが公開されるのはうれしいですし、個人的には僕のものを(日本語で)買ってくださ~い。特にインソンくんのものを(笑)。

フィヨン:よい機会が得られてうれしいですし、ファンのみなさんが喜んでくれたらうれしいです。そして、やっぱり僕のジャケットが一番いいと思います(笑)。

ロウン:うれしいことですが、僕は自分たちの曲がCDになったり、音楽配信サイトで配信されたり、ステージが音楽番組で放送されること自体がまだ不思議なんです。ステージ一つひとつが大切だという気持ちを忘れず、今後もたくさんの活動をしたいです。

テヤン:そうですね。僕たちのコンテンツが公開される度に、CDを聞いてくれたり映像を見てくれたり、すべてが幸せなことだと思います。

日本語のラップのレコーディング…「2倍以上時間がかかりました」

――全曲日本語の歌詞で、ラップがとても速くて難しそうでしたが、いかがですか?

ジュホ:(「Easy Love」の日本語ラップを披露)勘違いに勘違いを重ねながら……。

全員:おー!!

――どのくらい練習したのですか?

ジュホ:本当にたくさんしましたよ。レコーディングも、僕はいつも30分以内には終わらせるのですが、日本語バージョンは1時間以上かかりました。最初は発音に戸惑いましたが、たくさん練習したので、今はバッチリです。

――これから日本語ラップをライブで披露する機会も増えると思いますが、バッチリですか?

ジュホ:継続的に練習していますし、昨日も、日本語を忘れないように日本での初ライブ映像を見たんですよ。

フィヨン:日本でのスケジュールがあるときは日本語ラップの練習をするのですが、韓国と行ったり来たりしているから、混乱してしまうときがあって、一度、韓国語バージョンをやらなきゃいけないときに日本語が出そうになって、メンバーと爆笑したことがあります。

ジュホ:そう、そう(笑)。

SF9の集大成と言えるアルバム…メンバーのお気に入りの曲は?

――まさにこれまでのSF9の集大成とも言えるようなアルバムですが、個人的に一番お気に入りの曲は?

ジェユン:「Just On My Way」です。僕たちはいつもダンス曲でカムバックしますが、この曲はダンス曲というよりはR&Bの雰囲気で、リズムに乗るように楽な気持ちで聞けるので。そしてラッパーチームとボーカルチームの声をよくわかっていただける曲だと思います。

チャニ:僕は「空白」です。楽な気持ちで聞ける曲ですし、メロディも歌詞も難しくなくて印象的だと思います。歌詞がすっと入ってくるところが良いと思います。

テヤン:僕も「空白」です。レコーディングをする時に、聞く人に伝わるように感情を込めて歌うことに特に気を使った曲だからです。

ダウォン:僕も「空白」が独特な雰囲気があって好きです。聞きどころは、やっぱり僕のパートです。

フィヨン:ダウォン兄さん、すごくよかった!! レコーディングがとてもうまくいったみたい。昨日、聞いたのですが、出だしのパートでとてもイイ声が出ていました。

ダウォン:(照れて)ありがたいね。

フィヨン:僕も「空白」が好きです。別れた後の空虚な気持ちがとてもよく表れている曲だと思うし、僕らが今までやってきた曲とは違う感じで、力強く落ち着いた感じがするので、静かなときに聞いたら共感していただける曲だと思います。

ロウン:みんな「空白」が好きだね。僕も嘘はつきたくないから「空白」です(笑)。僕が好きなスタイルの曲で、これまでSF9が見せてきた曲とは違うカラーを持っているところが特長だと思います。これからもこういったスタイルの曲をたくさん歌いたいです。

ヨンビン:僕は「Fanfare」です。やはりデビュー曲なので愛着があります。出だしのパートも僕からですし(笑)。

ジュホ:「Easy Love」です。僕のパートがとても難しいのですが、それだけに一番ハマってパフォーマンスできる曲です。ステージでも感情を込めてやっているので、一番好きです。

インソン:僕も「Easy Love」です。「これでいいから~」ていう僕のパートが、とてもいいからです(笑) 。そして隣でジュホさんが「ジュホさんのパートがいいって言え」と何度も言うから、ジュホさんの日本語のラップを聞いていただけたらと思います(笑)。「Easy Love」は、日本語の特性に似合う曲だと思うし、愛着があります。

新曲でビジュアルが大きく変化したメンバーは?

――アルバムには最近まで韓国で活動していたタイトル曲「僕の太陽~O Sole Mio~」も収録されていますが、今回のカムバックでビジュアル的に大きな変化が見えたメンバーは?

ジュホ:僕かな? 髪を赤くしたから(笑)。

フィヨン:僕も髪色を暗い色にしました。

チャニ:僕はこれまで髪を明るい色にしたことがなかったのですが、今回は情熱的な雰囲気を表現しようとオレンジにしてみました。果たして良かったのかは分かりませんが……(笑)。メンバーからは似合わないって言われました(笑)。ファンの反応も半々という感じです。「すごくいい」と言ってくれる方もいますが「申し訳ないけど、いつ髪色変えるの?」という方も(笑)。

テヤン:僕らも最初は違和感があって……。でも活動していくうちに見慣れて、カッコいいなと思いました。

チャニ:髪の毛を染めること自体がほぼ初めてだったんです。幼い頃に一度だけやったことがありましたが……。でも、僕は気に入っています!

インソン:僕は個人的にはジェユンさんだと思う。

フィヨン:ああ!! そうだね。

インソン:ジェユンくんは、曲のコンセプトのために運動を一生懸命して、ダイエットもしたんです。だから、セクシーで男性美あふれる曲にピッタリだと思います。

ジュホ:僕はやっぱり、僕じゃないかと思います。セクシーといえば、僕なのではないかと。ステージの上ではセクシーで、ステージを下りたら……。

インソン:意外にかわいいです(笑)。愛嬌をふりまきます。例えば、お兄さんメンバーとかスタッフになにかを頼むときに、僕だったら「これ、やってもらえませんか」って言いますが、ジュホは「う~ん、これ、やってもらえまちぇんか~」という感じに言うんです。

ジュホ:冗談ですよ(笑)。インソンくんが、自分で愛嬌をふりまきたくて今やったみたいです。

新曲はK-POPになかなかないジャンル…「差別化が図れると思いました」

――「僕の太陽~O Sole Mio~」は、他のK-POPグループにはない独特な楽曲ですね。

チャニ:最近の歌手があまりやらないような楽曲で、SF9がこのような曲も披露できるということをお見せできたと思います。

ヨンビン:ミュージックビデオもアメリカで撮影したし、衣装も華やかなので、ファンの皆さんも華やかでかっこいい。ビジュアルもかっこ良くなったと言ってくれました。僕たちがお見せしたかった姿がちゃんとファンの皆さんに届いているようでうれしかったです。

ジュホ:最初はタイトル曲ではなかったんです。でも、作曲家の先生と話をするうちに、新鮮なジャンルでカムバックをするのがいいのではないかと、話し合ううちに「O Sole Mio」に決まったんです。

インソン:既存のK-POPにはあまりない新しいジャンルなので、差別化が図れると思って、個人的にもすごく期待しました。

ジュホ:僕らSF9は「Sensational Feeling9」という意味ですから、センセーションを巻き起こさないといけないですからね。

ジェユン:僕は秋夕(チュソク:日本のお盆に当たる韓国の祭日) に実家に帰ったのですが、お母さんが「O Sole Mio」を聞きたいと言うので、まだ準備段階だったアルバムを聞かせたんです。そしたら気に入ったみたいでベッドの上で踊りながら歌っていました(笑)。

ヨンビン:ホントに(笑)?

ジェユン:すごく気に入ったと、自分の好きなスタイルの曲だと言っていました。

ヨンビン:成功したら、お母さんをスペインに連れて行ってあげなきゃいけないね(笑)。

ジェユン:そうだね(笑)。スペインも行ってフラメンコも教えてあげないと。

チャニ:僕のお母さんも最初は「ん?」という反応だったのに、次の日の朝、洗顔しながら「O Sole Mio~♪」と歌っていました(笑)。中毒性があるって。お母さん世代に人気があるみたいですね(笑)。一度聞いたら忘れられないと思います!

テヤン:フォークソングみたいな雰囲気もありますよね。

曲のイメージに合うのは自分!?「インソンさんには飽きました(笑)」

――個人的にラテンに触れる機会はありますか?音楽を聞くとか?

ジュホ:なかなかそれはないですね(笑)。

ダウォン:13歳くらいのときに両親と一緒に、旅行でマドリードに3ヶ月くらい行ったことがあります。

――ダウォンさんは日本語が上手ですが、スペイン語も話せたりしますか?

ダウォン:まったく話せません(笑)。滞在していたときは、必要最低限のことは話せたのですが、今は「こんにちは」「ケチャップをもっとください」くらいです。

フィヨン:話してみてください。

ダウォン:(スペイン語を披露)

全員:おお~!!

フィヨン:雰囲気あるね。魅力が爆発だね(笑)。

――では「僕の太陽~O Sole Mio~」で、その当時のことを思い出したりしましたか?

ダウォン:(日本語で)ぜんぜん~(笑)。子どもの頃だから覚えていないです。

フィヨン:ダウォン兄さんは知識が豊富なのですが、その理由が、幼い頃にあちこち旅行したからなんだと思います。

――では、ダウォンさんから見て、曲のイメージに合うメンバーは?

ダウォン:僕ですね。

インソン:ダウォンさんはステージでの表情の演技がとてもうまいんです。その表情の演技が「O Sole Mio」では、特に生かされていると思います。

ダウォン:フィヨンさんも表情の演技がとてもうまいです。僕とフィヨンさんはパートがそんなに多いほうではないのですが、その中でも自分自身をうまく表現できていると思います。インソンさんのように、ずっと出ているメンバーよりもインパクトがあるのではないかと(笑)。インソンさんはメインボーカルだから、ずっと出るので飽きちゃいます。(日本語で)インソンくん、めんどくさいね~。

全員:爆笑

撮影:朝岡英輔/ライター:安部裕子

■リリース情報
日本1stアルバム「Sensational Feeling Nine」
2017年12月13日(水) 発売

○通常盤・CDのみ
金額:¥3,000(税込)
品番:WPCL-12796

<CD収録曲>
1.僕の太陽 ~O Sole Mio~
2.Fanfare -Japanese ver.-
3.ROAR -Japanese ver.-
4.Together -Japanese ver.-
5.Hide and Seek -Japanese ver.-
6.Easy Love -Japanese ver.-
7.Just On My Way -Japanese ver.-
8.Watch Out -Japanese ver.-
9.空白
10.Still My Lady -Japanese ver.-

○初回限定盤/CD+DVD
金額:¥3,500(税込)
品番:WPZL-31399

<CD収録曲>※通常盤と同様
<DVD収録内容>
「僕の太陽 ~O Sole Mio~」MV+MVメイキング
「Fanfare -Japanese ver.–」「Easy Love -Japanese ver.-」「Roar -Japanese ver.-」

○完全生産限定ピクチャーレーベル盤/CD※各メンバー全9形態
金額:各¥2,200(税込)
品番:WPCL-12797~12805

<CD収録曲>※通常盤と同様
YONG BIN(ヨンビン盤)WPCL-12797
IN SEONG(インソン盤)WPCL-12798
JAE YOON(ジェユン盤)WPCL-12799
DA WON(ダウォン盤)WPCL-12800
RO WOON(ロウン盤)WPCL-12801
ZU HO(ジュホ盤)WPCL-12802
TAE YANG(テヤン盤)WPCL-12803
HWI YOUNG(フィヨン盤)WPCL-12804
CHA NI(チャニ盤)WPCL-12805

■イベント情報
SF9プレミアムイベント「SF9 OFFICIAL FANCLUB LAUNCHING PARTY ~The Beginning of Fantasy World~」開催決定!
SF9公式ファンクラブ「FANTASY JAPAN」の発足を記念したプレミアムイベント開催決定!
12月24日(日)までにご入会の方全員(参加希望をされた方)、1月19日開催のプレミアムイベントに無料招待いたします!
場所:ZEPPダイバーシティ東京
イベント日程:2018年1月19日(金)
イベント参加申込受付:2017年11月01日(水)18:00~12月24日(日)23:45まで

「2017 FNC KINGDOM IN JAPAN -MIDNIGHT CIRCUS-」開催決定!

<会場>
幕張メッセ 国際展示場

<日程>
2017年12月16日(土) 15:00開場 16:00開演
2017年12月17日(日) 15:00開場 16:00開演

■関連サイト
SF9 JAPAN OFFICIAL SITE:http://sf9-official.jp

記者 : Kstyle編集部