ハン・ジミン&パク・ヒョンシク、ホ・ジノ監督の短編映画「ふたつの光」に出演確定

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
女優ハン・ジミンとパク・ヒョンシクがホ・ジノ監督の短編映画「ふたつの光」で呼吸を合わせる。

「ふたつの光」側は30日午前、「ハン・ジミンとパク・ヒョンシクが出演を確定した」と公式発表した。

ハン・ジミンとパク・ヒョンシクは感性メロを披露する予定だ。ハン・ジミンは劇中、スヨン役を演じる。明るい笑顔と堂々とした姿の裏に、視覚障害の痛みを隠して生きて行くアロマテラピストだ。

パク・ヒョンシクはインス役を演じる。すべてが不慣れで怖い自身とは異なり、堂々としたスヨンの姿に好感を持つ。

「ふたつの光」は写真サークルで出会ったスヨンとインスが、写真を完成させながらお互いの心に向かって少しずつ近づいていく話を描く。

「8月のクリスマス」「ラスト・プリンセス」などの演出を手掛けたホ・ジノ監督の短編映画だ。韓国で12月に公開される予定だ。

記者 : キム・ナラ