“17歳差カップル”ミナ&SoReal リュ・フィリップ「付き合い始めは年の差が心配だった」

MYDAILY |

お互いに力になってカバーし合うカップルがいる。噂をする人たちの影響があっても、自身たちの道を歩いていく。17歳の年の差を超え2年半の間、公開恋愛をしているミナ、SoRealのリュ・フィリップの話だ。

ミナとリュ・フィリップは、新しい跳躍のため努力している。マイデイリーは創刊13周年を迎え、愛と仕事においてお互いに力になり、カバーし合っている二人に出会った。

二人は普通のカップルのように甘かった。インタビュー中もお互いに集中し、愛と仕事の二兎を追った。相手の話に耳を傾けながら力になり、その話でまたお互いを高め合う。

初の出会いはどうだったのだろう。歌手ミナとグループSoRealのメンバーだったリュ・フィリップは、知人たちの集まりで自然に出会った。ミナは「実はリュ・フィリップさんが歌手だったのは知らなかったんです。アイドルが多過ぎて、バラエティに出演していないとよく知らないので…」と明かした。

「初めは『ハンサムだな』と思ったんです。しかしその後、中国での活動中にリュ・フィリップについて調べてみました。私は歌が上手な男性が好きです。SoRealの音楽がとても素晴らしく、舞台で楽しく歌うリュ・フィリップさんの姿を見て惚れるしかなったんです。その時から別人に見えました。男性として関心を持つようになりました」(ミナ)

ミナとは異なり、リュ・フィリップは「一目惚れでした」と告白した。「それで今も交際しているでしょう。僕の理想のタイプに近かったんです」と明かした。

「実は人の価値観において最も大事な時期である中学、高校時代を外国で過ごしました。そのためかミナさんのエキゾチックな部分に惹かれました。それでよかったんです。セクシーで強く見えるとか、そういったこと抜きで、性格もよく合いました」(リュ・フィリップ)

リュ・フィリップは「除隊して日が浅いので、まだお互いについて知っていく段階です」と笑った。実際に二人は交際初期にリュ・フィリップが入隊することになり、長期間離れていた。リュ・フィリップの除隊後、ミナはいわゆる“ゴムシン(軍隊に行った恋人を待つ女性を指す言葉)”から脱した。現在除隊して5ヶ月が経ち、お互いにより集中することができている。

ミナは「除隊してから5ヶ月が経ちました。お互いに合わせていく過程だが、頑張っています。以前は一週間に一回、一ヶ月に一回会っていたので良い姿だけを見ていたが、今はほとんど毎日会っているので、お互いに合わせるしかないんです」と説明した。

相手に合わせるのは簡単ではないだろう。また17歳の年の差があるので、周りの偏見もあるだろう。しかしリュ・フィリップは「会った時から、年の差を知った瞬間から真剣だったので、全然問題ではないんです」と強調した。

ミナも「リュ・フィリップさんがいなかったら、私の年齢がこんなに有名にならなかったはずなのに、恋人より17歳も年上の女として有名になってしまいました」と大きく笑った。

「実は初期にはたくさん悩みました。お母さんにどうやって紹介すればいいだろうと。もちろん、周りの視線も気になりました。とにかく真剣な気持ちで交際していることを、皆さんに知ってほしいです。絶対に軽い気持ちで始まった関係ではないということを」(リュ・フィリップ)

リュ・フィリップが悩みを告白すると、ミナは驚いたみたいだった。「このような考えを持っているとは、予想もしていませんでした。私は深く考えないスタイルだが、リュ・フィリップさんは一人で深く考えます」と、自身に本音を話さなかったリュ・フィリップに向かって切なそうな表情をした。

「私の周りも初めはたくさん心配していました。私より幼いから。しかし実際に会ってみたら、皆いい人だと言います。初めは私に分別がないと話す知人たちもいたが、実際にリュ・フィリップさんに会ってみたら、理解してくれたんです」(ミナ)

ミナとリュ・フィリップは似ているようだが違った。生きてきた環境、性格などが違うため同じ考えを持つことは難しい。お互いを知っていく段階だと話した二人は最近、そのような格差を認めながらお互いに力になるため、努力している。

「私は練習生生活もしていたが、実は2002年のワールドカップの当時、偶然有名になったので活動が大変だということはなかったです。性格自体も、あまり心配せず生きていくスタイルだし。でもリュ・フィリップさんは違います。仕事においてもたくさん考え、心配します。最近は二人とも新しくスタートする時期なので、そのような部分に対してたくさん話し合います」(ミナ)

リュ・フィリップは「お互いを知っていく段階なので、違う点が見えます。そのため、不満ではなく『あ、僕とは違うんだ』と思っています」と伝えた。

「軍隊にいる時はお互いに忙しかったので、大事なことは話すことができませんでした。今は除隊してミナさんについて知っていく段階だから、人生の背景が完全に違っていたことも知るようになりました。それでたくさん心配もするし、調節しようとしています。『合わせていくことができるだろうか』と、そのような部分に対して悩みました。しかしミナさんは僕のことをよく理解してくれます。今はよく合わせている時期だと思います」

お互いに対して知っていきながら愛も育てているが、二人は現在、新しい跳躍のためにも努力している。長時間、中国活動に集中したミナは、韓国で再び位置を固めようとしており、リュ・フィリップは歌手ではなく俳優として人生の第2幕をスタートしようとしている。そのため、結婚に対する考えもしばらく先送りにした。

ミナは「リュ・フィリップさんは演技を始めようとしているので、初期のイメージが大事だと思うんです。とにかく私は芸能界でより長く活動したので、私が知っている部分においてはサポートしようと思います」と伝えた。

リュ・フィリップは「ミナさんは僕のことをよく理解してくれます。何か職業的に位置を固めた時、結婚した方がいいでしょうと話しています」と感謝の気持ちを伝えた。

「ミナさんにはいつも申し訳ない気持ちです。結婚しないつもりではないが、結婚するとしてもより良い状況、良い姿になった時、素敵な結婚式を挙げたいんです。それでこそ皆さんも良い視線で見守ってくれるだろうと思い、時期を検討しています。そんなに遅れないように」

“17歳差カップル”ミナ&SoReal リュ・フィリップ、年の差愛の本音を語る「結婚の計画は…」

記者 : ホ・ソルヒ、写真 : ソン・イルソブ