藤井美菜、韓国で活動する理由とは?「よく観ていたドラマの世界に…」

@STYLE |

藤井美菜(29)は5年前、韓国での活動を始め、今も演技とバラエティ番組に出演しながら自身の魅力をアピールしている。エキゾチックな顔立ちで、撮影スタッフの間ではハーフなのではないかと疑問を持つ人もいたが、純日本人だと笑ってみせる。人形のようにかわいい彼女は、何を考えながら暮らしているのだろうか。日本デビュー12年、韓国デビュー5年を迎えた藤井美菜は、いつも「自分に何ができるだろうか」と考えているという。

――最近MBC every1「ようこそ韓国は初めてだよね?」とMBN「シン・ドンヨプの高段者外伝」など、バラエティ番組にたくさん出演しましたね。

藤井美菜:バラエティは本当に簡単ではありません。普段は人見知りで口数も少ないタイプです。でも、バラエティに出演すると「私に何ができるんだろう?」とたくさん考える方です。「ようこそ韓国は初めてだよね?」では、外国人として韓国で暮らしながら感じたことを話すことができて良かったです。「シン・ドンヨプの高段者外伝」は、韓国人にも難しい番組だと思います。だから、女性として言えること、外国人として言えること、そして日本で経験したことなどについて話そうと思っています。

――「シン・ドンヨプの高段者外伝」は、特に勉強が必要そうですね。

藤井美菜:テーマが決まると、関連する内容をたくさん調べます。知っている内容、話したいことなどもメモしておきます。知っていることでも、撮影する時には思い出せないこともありますから。また、内容だけではなくて韓国語の勉強もたくさんしています。見慣れない用語とハイレベルな語彙がたくさん出てきます。以前より韓国語で話すのが楽になりましたが、韓国語がもうこれ以上伸びないのではないかと悩んでいた時に、高段者の方々のおかげでたくさん勉強になっています。台本も一生懸命読んで、番組をもう一度観ながら、初めて聴く単語や、知っていたけれど詳しくは知らなかった単語の意味を調べながら勉強しています。

――「ようこそ韓国は初めてだよね?」でゲストとして出演するなら、日本人の友達に韓国のどんな所を紹介したいですか?

藤井美菜:私の友達は韓国にあまりにも頻繁に来るので、新しいものはないと思います。もし、韓国に一度も来たことのない友達がいたら、チムジルバン(韓国式サウナ)に連れていきます。旅行として行く場所ではないんですけど、韓国現地の人々がたくさん行く、生きている場所じゃないですか。また、最近のように寒い時には体を温めることもできます。韓国の冬はすごく寒いじゃないですか。韓国で活動し始めた頃には、寒さのせいで少し大変だったんですけど、チムジルバンに避難する方法を知ったので、頻繁に利用しています(笑)

――韓国活動を決心した決定的な理由は何ですか?

藤井美菜:大学で第2外国語として韓国語を勉強しました。あの時は韓国活動をしようと考えたのではなく、よく観ていた韓国ドラマが観やすくなればなと思って勉強しました。そして偶然、SBS「ドラマの帝王」に出演することになりました。よく観ていた韓国ドラマの世界を取り扱ったストーリーで、撮影が本当に楽しかったです。それから韓国で活動したいと思うようになりました。その気持ちがずっと続いて、ここまで来ることになりました。

――日本で女優として地位を固めたいとは思いませんでしたか?

藤井美菜:私の周辺でも「韓国か日本、どちらかで先に定着してから活動しないと、認知度はぐんと上がらない」とアドバイスする方々がいます。それも一理ある話ではあるんですが、女優なので、言語とは関係なく作品を探して、自分に出来て自分に合う仕事をするのが良いと思います。人気に対する欲は全くありません。両国を行き来しながら活動したいというのが唯一の欲です。日本では韓国より幅広い役で活動しています。春には、私が出演した日本映画「デスノート Light up the NEW world」が韓国でも公開されて、韓国のファンには新鮮に受け止めていただけるんじゃないかと思います。

――韓国の作品で役に対する欲はありませんか?

藤井美菜:韓国語がまだ足りないので、韓国のドラマで韓国人役に欲を出すのは無理だと思います。周りの方々に迷惑だとも思いますし。私にできることをやっていきながら、ゆっくり地位を固めていきたいです。

――韓国と日本の撮影現場は違う点が多いと思います。

藤井美菜:バラエティだと、韓国は長い時間、自然に撮影しながら編集で面白い部分が集まる感じですが、日本は主に台本通りに進んで、短い時間内に速く撮ることができます。日本で先にデビューしましたが、バラエティは韓国で初めてやってみました。その後、日本でバラエティ番組に出演したんですけど、台本にないことを言うと、現地のMCの方々に驚かれました。そこで、日本は韓国と違うんだと思いました。バラエティにアプローチする方法を韓国で身に付けたので、かえって日本では少しぎこちなかったです。

――ドラマの現場はどうですか?

藤井美菜:韓国のドラマは放送量が日本の2倍なので、撮影現場がすごく忙しいです。日本でドラマを撮影すると、余裕があるという印象を受けます。一方、日本はリハーサルをすごく頻繁にやります。安心できる部分もあるんですけど、本番撮影の時の新鮮さがなくなる場合もあります。韓国はあまりリハーサルをすることができなくて、台本を読みながらたくさん研究します。どちらも長所と短所があるので、撮影環境に合わせて気をつけなければならない部分がたくさんあります。韓国活動の当初は、テストカットだと思って「これを撮ったんじゃないよね? リハーサルだよね?」と思って待っていたんですけど、撮影が終わってしまいました(笑)。困惑した部分もあったんですけど、もう慣れましたし、どのように変えれば良いか、少しは分かります。

――日本と韓国のファンの特徴も違うでしょう?

藤井美菜:日本は芸能人を見ても、遠くから見ます。近づくのを遠慮する雰囲気です。でも、本人は感じるじゃないですか。「あの人が私を見ている。でも迷っている」というのが目に見えて、申し訳ない反面ありがたいです。韓国のファンはすぐに近づいてきます。外国人ですけど、韓国で分かっていただいて、応援していただいて本当に感謝しています。両国のファンの特性は違いますが、感謝する気持ちは同じです。

――名門大学の慶応大学で人間科学を専攻したんですよね。韓国では聞きなれない学科ですが、どんなことを学びましたか?

藤井美菜:日本は演技を専門的に勉強できる学科がありません。なので、演技に役に立ちそうな学科を探していたんですけど、人間の意識を学ぶことができる文学部に入り、その中で専攻として選んだのが人間科学です。簡単に言って、人間の行動方式について勉強する学科です。実際に台本を読む時や、キャラクターを構成する時に役に立つ部分がすごくたくさんあります。この役をどのように表現すればいいかという観点からアプローチするのではなく、「このキャラクターの心理は何だろう? なぜこのように行動したんだろう? この人ならこのように行動しているはず」と予測しながら、キャラクターを作っています。

――来年公開予定のキム・ギドク監督の「人間の時間」にも出演しましたよね。心理を取り扱う映画であるので、興味深い過程だったでしょう。

藤井美菜:かなり哲学的な作品です。「人間の時間」は本能と志向するところ、モラルや倫理意識などが異なる人物たちが集まってストーリーを作っていく映画です。キャラクターの準備がたくさん必要な作品であるので、心理分析をたくさんしました。監督から読み合わせの時に「こんな感じじゃないかな?」と言われて「うーん、でも私はここでこう思ったんです」と答えました。「そう? そうかもしれないね。じゃあ美菜さんにお任せします」と言ってくれました。女優として楽しかったです。

――SNSを見ると、旅行の写真がたくさん掲載されていますよね。

藤井美菜:韓国年齢(数え年)では30歳ですけど、日本年齢では29歳です。20代の最後を過ごしています。20代が終わる前に新しい経験をするため、旅行に行こうと考えました。日本で高校生の時から芸能界活動をしているので、旅行にあまり行けませんでした。感性のためにも、演技のためにも旅行をたくさんしなきゃと思いました。

――旅行で一番重視しているのは何ですか?

藤井美菜:食べることです。絶対に諦められません。ニューヨークでも済州島(チェジュド)でも、美味しいと評判の店ばかり行きました。成人男性並みにたくさん食べます。美食家ではないんですけど、食べることにこだわりがあります。事務所では、お皿に顔を突っ込んで食べると、チョン・ジュナさんと比べても負けない食べっぷりだと言われています(笑)。

――そんなにたくさん食べるのに、本当に痩せてますよね。

藤井美菜:元々太る体質ではありません。しかし、最近は年齢を重ねるにつれて、贅肉が付き始めています。また、体力が落ちるのを感じているので、筋力トレーニングをしてみようと思っています。ジムに通ってみたんですけど、閉じ込められていて窮屈でした。軽く走ったり、ランニングをしようかと思っています。

――休みの日は主に何をしますか?

藤井美菜:映画を観るのが好きです。韓国の映画チケットの価格が日本よりも安いんです。日本の映画チケットは2千円程度です。韓国の方々は映画に対する関心が高いので、映画が面白いという評価が多いと、絶対に失敗しません。韓国映画は時代劇じゃなければ大体内容は分かりますし、演技的にもすごく勉強になります。英語を母国語とする映画もたくさん観ていますが、英語で聞いて韓国語の字幕を読むと、言語的に少し複雑で難しいんですけど、両方で言葉の勉強になるような気がして、わざわざそのように観ています。

――韓国生活に大きな力になる友達は誰ですか?

藤井美菜:タレントの藤田小百合姉さんです。本当に良い人です。お姉さんに会うといつも楽しいし、面白いです。日本人なので、力にもなります。お姉さんに会うと、自然に日本の話になります。最近日本で流行している情報なども共有します。小百合姉さんは、合わない人がいないと思います。相手に合わせてくれて、気楽にさせてくれるセンスがあります。それから、お姉さんは知り合いが本当に多いです。「シン・ドンヨプの高段者外伝」に出演しているキム・テフンさん、「ようこそ韓国は初めてだよね」に一緒に出演したドイツ人のダニエルさんに、私のことをお願いねと連絡もしてくれていました。

――最近の悩みはありますか?

藤井美菜:デビューして日本では12年、韓国では5年ちょっとになります。「私にできることは何だろう?」という悩みを幼い頃からずっと持っていたんですけど、最近になってもっとそれを考えています。韓国でも日本でも、これ以上新人じゃないし、活動は続けたいから、難しい韓国語を駆使する役はできなくても、できる役を探していかなければなりません。

――20代と30代の境界線上に立っていますよね。

藤井美菜:どんな生き方をすべきか、意識する時期だと思います。29歳になると「わあ、私はもう20代じゃないんだ」という意識を急に持つようになりました。準備ができていないので、もっと大きく感じたのだと思います。だから「私に何ができるか」を考えながら、30代の準備をしています。でも、本当に幸せな20代を過ごしたと思います。良い人々と一緒に居られたし、想像もできなかった良いことがいっぱいありました。二十歳の時に韓国語の勉強を始めたんですけど、韓国で活動できるとは全然想像もしていませんでしたから。偶然やることになって、やってみると楽しいし、だから幸せでした。30代になっても良いことがたくさんあればと思います。

――韓国活動について自分ではどう評価していますか?

藤井美菜:10点満点中、4点です。才能とセンスのある韓国芸能人に、すごく感動する時がたくさんあります。また「私にはできないことが、まだいっぱいあるんだな」と思います。まだ未熟なので、これから一生懸命頑張ろうという希望の意味を込めて、4点ほどを与えたいですね。

――これから予定している活動はありますか?

藤井美菜:キム・ギドク監督の「人間の時間」が、来年上半期頃に公開される予定です。今年の撮影は終わりました。最近「しゃぼん玉」という日本の映画が韓国映画祭に招待されたんですけど、韓国で正式公開されるかどうかはまだ分かりません。また、日本と台湾の合作映画を昨年秋頃に撮影したんですけど、日本で今年の年末に公開される予定です。

藤井美菜、チャン・グンソクに感謝…映画撮影でのエピソードを公開「毎晩幸せだった」

【PHOTO】藤井美菜が「2017 MAMA in Japan」レッドカーペットに登場!

記者 : チョン・スミ