イ・チョンア、恋人イ・ギウに変わらぬ愛情を示す「優しくて素敵な人」

MYDAILY |

俳優イ・チョンアが5年以上交際している恋人で俳優のイ・ギウに対する愛情を示した。

イ・チョンアはイ・ギウと2013年交際を公式に認めて以降、芸能界を代表するカップルとして注目を集めている。二人は2011年韓国で放送されたtvNドラマ「美男<イケメン>ラーメン店」(脚本:ユン・ナンジュン、演出:チョン・ジョンファ)で共演した。

イ・チョンアは最近韓国で放送終了したドラマ「この人生は初めてだから」(脚本:ユン・ナンジュン、演出:パク・ジュンファ)で12年前の彼氏だったナム・セヒ(イ・ミンギ)に似ている雰囲気をもつコ・ジョンミン役で登場、お互いつながっているような感じを見せた。実際イ・チョンアも恋人のイ・ギウに段々似ていく姿を見せ、ファンの支持と応援を得ている。

「もちろん良い姿をお見せしたいです。見られている姿が良ければもっと嬉しいし。喧嘩するときだってあります(笑)本作については(イ・ギウに)あまり言われたことがないですね。お互い色んな作品に出演しているから。その点が合うと思います。自分のことに集中できるようにお互い放っておく方なんです。優しくて素敵な人です」

「この人生は初めてだから」は、20~30代の視聴者が恋愛と結婚についてたくさん考えさせられる共感ドラマとして愛された。作品の中で演技をしているイ・チョンアも結婚について色々と考えるようになったと明かした。

「多方面で考えるようになります。最近非婚も増えてきたじゃないですか。20代も、30代も共感できました。ウォンソク(キム・ミンソク)を見てそれがどんな感情なのか、分かる気がしました。彼もきっと諦めたことがあったはずなのになと思いました。スジ(イ・ソム)は笑うとき、とても良かったです。本当に恋愛、結婚について考えるようになりました」

イ・チョンアは昨年末から今年頭まで演劇「花の秘密」に出演していた。昨年にはOCNドラマ「ヴァンパイア探偵」とMBC「運勢ロマンス」などを通じて典型的なキャラクターから抜け出し、新しい姿を披露した。彼女に「役者としてどこまで来ていると思うか」と聞いてみた。

「まだ赤ん坊です(笑)映画『オオカミの誘惑』のときは赤ちゃんみたいだったけど、もう大人の女性になっちゃったねという反応を聞きました。あの時は、もう13年前のことです。もうどれくらい演じてきたのかと思ったりしますけど、どうして演技はいつも新しく難しく感じるんでしょうかね。どうしていつも同じ山を越えるのだろうと思っていたけど、演劇に出演して変わりました。『新しい人たちと新しい台本で一度だけの演技をするから、同じわけがない』と言われ、毎度焦って毎度緊張します」

記者 : シン・ソウォン、写真:ハン・ヒョクスン