放送終了「あなたが眠っている間に」イ・ジョンソク&miss A スジ、2人の恋の行方は?

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS放送画面キャプチャー
「あなたが眠っている間に」がハッピーエンドで放送終了となった。

昨日(16日)に韓国で放送されたSBS水木ドラマ「あなたが眠っている間に」(脚本:パク・ヘリョン、演出:オ・チュンファン)の最終回(第31話、32話)では、チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)、ナム・ホンジュ(miss A スジ)の最後の話が描かれた。

この日、イ・ユボム(イ・サンヨプ)の裁判の証人として出席したハン・ウタク(チョン・ヘイン)は、自身が色弱だと告白した。警察を辞める覚悟で良心に従ったのだ。

その後、イ・ユボムは自身の状況が不利になると、チェ・ダムドン(キム・ウォンヘ)係長に恨みを抱いたことで、車でチェ係長に突き進んだ。チェ係長はこのような事実を知っていた。過去にチョン・ジェチャン、ナム・ホンジュが助けた警察だったチェ係長は当時、夢を通じて自身の死を事前に確認したのだ。

チェ係長はチョン・ジェチャンに会いに行く途中、事故に遭った。チェ係長の姿を見たチョン・ジェチャンは、嗚咽しながら走って行った。チョン・ジェチャンは自身に会いに来ないでと話したが、チェ係長は死を受け入れ、チョン・ジェチャンに最後の挨拶を伝えた。

心が落ち着いたチョン・ジェチャンの手は震えていた。心配するチョン・ジェチャンの傍にいたナム・ホンジュは、慰めの言葉を伝えながらプロポーズをした。

一方イ・ユボムは罪を反省しなかった。罪を全部認めながらも、最後まで検事たちに自身のように間違った答えを出したはずだと圧迫した。自身が運が悪かっただけだと主張した。

しかしチョン・ジェチャンは「兄さんが悪かったんだ」と、イ・ユボムの罪を一つ一つ教えた。イ・ユボムに「自分自身に嫌悪感を感じただろう」と、罪悪感で苦しみながらイライラしたイ・ユボムの行動を説明し「誤答を正解だと言い張って、ここまで来たのだ。間違ったのを正しいと言い張ってここまで来たのではない。運が悪かったのではない。兄さんが悪かったんだ」と話した。

その後、裁判でチョン・ジェチャンは「被告人イ・ユボムに無期懲役を宣告してほしい」と話した。法曹界で働く人たちの正義を強調した。

チョン・ジェチャンとナム・ホンジュは、ハン・ウタクに会いに行った。ナム・ホンジュは、ハン・ウタクが夢でロースクールに通っていたと、1年後の将来に対して伝えた。

最後に、イ・ジグァン(ミン・ソンウク)とソン・ウジュ(ペ・ヘソン)は結婚式を挙げた。二人は、知らぬ間に社内恋愛をしていたのだ。ソン・ウジュのブーケはチョン・ジェチャンに続き、ナム・ホンジュが受け取った。これと共に、今までのエピソードの出演者の安定した様子が公開された。

また1年後、チョン・ジェチャンとナム・ホンジュも結婚した。チョン・ジェチャンは、1年前にナム・ホンジュが自身を慰めてくれた言葉で、ナム・ホンジュを慰めてあげた。1年前に二人はお互いを慰めながらキスをした。1年後にも二人はキスしながら、甘い恋を続けていった。

記者 : ホ・ソルヒ