U-KISS ジュン「付岩洞復讐者たち」放送終了の感想“初の演技挑戦は…”

10asia |

写真=tvN「付岩洞復讐者たち」
tvN水木ドラマ「付岩洞復讐者たち」(脚本:キム・イジ、ファン・ダウン、演出:クォン・ソクジャン、キム・サンホ、イ・サンヨプ)に出演中のU-KISS ジュンが放送終了の感想を明らかにした。

U-KISS ジュンは16日に所属事務所nhemgを通して、「『付岩洞復讐者たち』の初のオーディションの時の緊張、初めての撮影時の震えと緊張感がまだ冷めやらないようなのに、既に最終回のみを残しているなんて自分としては実感が湧かない」と話した。

続いて、「初めての演技挑戦に本当にたくさんの方々が助けてくださり、力になってくださって無事に最後まで来たと思う。たくさんの関心と応援、助けのおかげで僕がたくさん愛された気がする」と話し、「撮影期間の間、スギョムとして生きてきたけれど、イ・スギョムというキャラクターは本当に僕にとって大きな贈り物であり、忘れられない記憶として胸に留めておきたい」と特別な感想を明らかにした。

U-KISS ジュンは「付岩洞復讐者たち」で黒一点イ・スギョム役を通してデビュー後初の演技を披露した。大先輩ラ・ミラン、ミョン・セビン、イ・ヨウォンなどと共に完璧な呼吸を合わせ、新人とは思えない自然な演技で好評を得た。

「付岩洞復讐者たち」は本日(16日)韓国で最終回が放送される。

記者 : パク・スルギ、翻訳 : 浅野わかな