「この人生は初めなので」チョン・ソミン、イ・ミンギに警告

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「この人生は初めなので」放送画面キャプチャー
「この人生は初めなので」チョン・ソミンがイ・ミンギに結婚契約書をバレないように強調した。

13日午後、韓国で放送されたtvN月火ドラマ「この人生は初めなので」 (脚本:ユン・ナンジュン、演出:パク・ジュンファ)でユン・ジホ(チョン・ソミン)とナム・セヒ(イ・ミンギ)が契約結婚後に初めて口論をした。

これに先駆けて、ジホはセヒの母親、即ち姑に祭祀の日に呼び立てられ、お使いをさせられたことに対して“優しい嫁病”にかかったと自責した。

これに対して、ジホはセヒに「月謝結婚契約書を持って出ていく。一昨日、お母さんが引き出しを全部開けてみたので、そっちのほうが安全だと思う」と話した。

しかし、セヒが「もうお母さんは来ない」と言ったにもかかわらず、ジホは「母子間の話は私が知ったことではない。大家さんも月謝結婚契約書を会社に置いたほうが良いと思う。契約書をバレたりしたら困る。バレないように」と交わした。

セヒはジホが出ていくと「完全に拗ねちゃったんだ」と独り言を言った。

記者 : キム・ボラ