パク・シネ、日本ファンミーティングで見せた飾らない素顔…“可愛らしく、ファンを大切にする想い”

KSTYLE |

(c)S.A.L.T ENETERTAINMENT
「ピノキオ」「ドクターズ~恋する気持ち」に主演し、人気のパク・シネが11月5日にアジアツアーの一環として「2017 PARK SHIN HYE ASIA TOUR “Flower of Angel in Tokyo”」と題したファンミーティングを開催。MCを使わず、自分自身で進行するというスタイルで、駆けつけたファンと親密な時間を過ごした。

可愛らしく、ファンを大切にする想いを感じることができた今回のファンミーティング。チケットが売り出されるやすぐに完売したことでも話題を呼んだ。ほかのファンミと違うのは、客席に男性のファンや子どもの姿が目立つこと。そんな中、熱い歓声の中で登場したパク・シネは、実兄が作曲した「My Dear」を歌ってファンミをスタートさせた。

(c)S.A.L.T ENETERTAINMENT
歌い終わると「今日は来てくださってありがとうございます。日本のファンの皆さんにお会いするのは2年半ぶりですね。今回のアジアツアーは、私と皆さんのための時間なので、私自身が進行します。緊張していますが、皆さんの応援を力にして頑張ります! 楽しい時間を作りましょう!」 と挨拶をし、続いて「愛は雪のように」「story」の2曲を披露した。

その後、熱い歓声の中で登場したパク・シネ。
ドラマ「ドクターズ~恋する気持ち」の場面を振り返りながら、撮影中のエピソードを明かしファンを喜ばせた。続き、パク・シネが白衣を纏いユ・へジョン先生になりきってファンの悩みを解決する「Dr.Yoo悩み相談」コーナーへ。「人見知りを直したい」という小学校6年生の女の子の悩みに、自分自身の経験を話しながら、「鏡を見て1日に100回笑うこと。私は本当に可愛いと10回言うこと」と処方箋をプレゼントした。

(c)S.A.L.T ENETERTAINMENT
次の料理コーナーでは、三段弁当を作ると宣言し、「日本といえばおにぎりとラーメンでしょう!」と言いながら、クマの形のおにぎり、クロワッサンサンド、フルーツの盛り合わせで三段弁当を完成させ、抽選で選ばれたひとりのファンに手渡しし、その後自撮り棒を使ってファンと一緒に記念撮影タイム。
「もうお別れの時間が近づいてきました。残念ですが、皆さんとご一緒した時間が、私の癒やしになり、エネルギーの充電ができました。皆さんはどうでしたか? 心から感謝して1年を締めくくることができます。来年もまた、新しい作品を通して、皆さんにお会いしたいです」と挨拶をした。

(c)S.A.L.T ENETERTAINMENT
最後まで優しさと気配りと笑いを忘れなかったパク・シネ。“飾らない素顔”というのはスターのイベントを紹介するときの慣用句になっているが、今回のファンミーティングほど、その言葉を思い浮かべた公演はなかった。自分でMCをしたことはもちろんだが、ファンともっと近づきたいというパク・シネの熱い思いを随所で感じとれたからだ。ファンにとっても思い出深い一日になったことだろう。

【公演概要】
「2017 PARK SHIN HYE ASIA TOUR“Flower of Angel in Tokyo”」
日時:2017年11月5日(日) 15:00開場 / 16:00開演
会場:山野ホール

パク・シネジャパンオフィシャルファンクラブ:http://parkshinhye.jp/

「2017 PARK SHIN HYE ASIA TOUR IN TOKYO」KNTVで日本初放送
・本放送:2018年1月6日(土) 午後6:30~8:00
・再放送:2018年1月7日(日) 午前10:30~正午
KNTV公式サイト:https://knda.tv/kntv/

記者 : Kstyle編集部