「むやみに切なく」イ・ギョンヒ脚本家“一人の男の切ない純愛物語を届けたかった”

KSTYLE | |PR

「相続者たち」『MASTER/マスター』の若手実力派俳優キム・ウビンと、『建築学概論』で“国民の初恋”として絶大な人気を誇るペ・スジ(miss A) が初共演し話題を集めた「むやみに切なく」がU-NEXTにて独占見放題配信中!

本作でキム・ウビンは本格的な恋愛ドラマに初挑戦し、余命を宣告されながらも初恋の人との愛を貫くトップスターのシン・ジュニョンを熱演! 完璧なルックスに、子供っぽくてワガママながら愛情深い大人の男を演じ、視聴者を虜にした。また、ヒロインであるノ・ウルを演じたペ・スジ(miss A) は、これまでの清純なイメージを脱ぎ捨て、お金に貪欲なドキュメンタリープロデューサーという俗物的なキャラクターを全力で演じている。

そんな演技力、ビジュアルを兼ね添えたパーフェクト・カップルが繰り広げる本作の脚本を担当したのは、「ごめん、愛してる」のイ・ギョンヒ。今回、U-NEXTでの独占見放題配信を記念して、イ・ギョンヒのインタビューが到着! 名作が誕生するまでのエピソードとは……。

――「むやみに切なく」というタイトルにした理由は?

イ・ギョンヒ:ドラマの企画段階から、ジュニョンとウルのラブストーリーにしようと考えていました。ある程度ドラマの方向性が固まった頃、2人の切ないロマンスにふさわしいタイトルに悩んでいました。色々なタイトルを検討していて、企画会議中に偶然、チョン・ユヒ作家の「むやみに切なく」という詩に接しました。同名のエッセイ集の中に収められている詩でしたが、詩の内容もさることながら何よりもその題名がジュニョンの素直になれない愛し方によく合っていると思いました。表面的にはウルに対して横柄で不躾な感じに振る舞っていますが、心の中では彼女を愛し、彼女のために残された時間をすべて使おうと思っているジュニョンの切ない心をよく表現していると思いました。

――作家の方とはお話をしたのでしょうか?

イ・ギョンヒ:企画会議が終わってすぐ、出版社にドラマのタイトルとして使いたいと連絡して許諾を得ました。作家のチョン・ユヒさんも、「いつもあなた(イ・ギョンヒ) の書くドラマは好きで見ています」とおっしゃってくださって、使用を快諾してくださり、ドラマがうまくいくようにとおっしゃってくださいました。

――シン・ジュニョンという人物を一言で表現するとしたら?

イ・ギョンヒ:撮影現場で突然台本を変えてほしいと言い出したり、やりたくないことは死んでもやらないと言い出して、スケジュールは全部キャンセル! なんて一方的に通告するジュニョンの第一印象は、自分のことしか考えてない“エゴイスティックなスーパースター”といったところでしょうか? しかし、ドラマが進むに従ってジュニョンの高校時代、大学時代が描かれるようになると、ドラマを見ている人たちはすぐにわかったと思います。自分勝手で悪そうに振る舞っているジュニョンが、実は常に誰かのための選択をし、その選択による苛酷な代価は彼一人が払ってきたことを、そして彼は誰よりも人の幸せを考える人物だということを。

――そういった姿を見せるために具体的にどのように書いたのでしょうか?

イ・ギョンヒ:今の不躾な感じのジュニョンは、キャラクターの中に隠された本当のジュニョンの性格をより効果的に見せるためのもので、そのために過去のエピソードを圧縮してうまくストーリーの中に織り込むように努力しました。

――描かれた過去のエピソードとは?

イ・ギョンヒ:自分もお父さんのように立派な検事になることを願っている母ヨンオクの胸の内を知った時、彼はそれまではまったく見向きもしなかった勉強を、鼻血が出るほど猛勉強してその願いを叶え、実父のヒョンジュンの不正を知った時には、初恋の人ウルを傷つけてまで、自分の存在すら知らない実父の犠牲になりました。そしてせっかく難関の司法試験にパスしたのに、事故でウルを傷つけてしまったという罪悪感から法曹界への道もあきらめてしまいました。芸能人という職業を選んだのも、実の叔父のように慕っているジョンシクの息子グギョンに大金が必要になったためで、契約金をあっさりとジョンシクに差し出しています。

――今回の作品にはどのような思いを込めたのでしょうか?

イ・ギョンヒ:真実の愛は、人だけではなく世の中も変えることができるということをドラマを見る人の心に届けたかったんです。誰もがそこまでしなくてもと思うかもしれませんが、あえて残された人生のすべてを懸けて、愛する女が生きていかなければならない日々を、春の日のように暖かいものにしたかったひとりの男の純愛物語を通してです。

――そのひとりの男の純愛をどのように描こうと思ったのでしょうか?

イ・ギョンヒ:ヒロインのウルは、この世の中がせめて“最小限の常識と正義が守られる世の中”になることを望んでいましたが、父を失って借金に追われ、世知辛く厳しい世の中を生き抜いていくために、それまでの自分の信念を捨てて、権力の前では卑屈になり、長いものには巻かれる厚顔無恥な俗物として生きていくしかありませんでした。あの誰よりも曲がったことが大嫌いで、正義感に燃えていたウルが、なぜこのように変わらなければならなかったのかを知ったジュニョンは、わずかしか残されていない時間を、ウルとともにふたり幸せに過ごすよりことよりも、ウルが今後生きていかなければならない世の中を、もう少しまっとうなものにしようと心に決めます。

――そんなジュニョンの愛を通じて伝えたかったメッセージとは?

イ・ギョンヒ:この世知辛い時代に、そんな童話みたいな愛の物語がどこにあるのだと、一蹴することもできるでしょうが、絶対にどこかにはジュニョンとウルのように、切なくてどうしようもないくらいに愛し合い、彼らだけの方法で世の中を変えていく人々がいるということを、信じられるようにしたいと考えたんです。

――キャラクターの設定として、なぜシン・ジュニョンをトップスターに設定し、ノ・ウルをドキュメンタリー番組のプロデューサーに設定したのですか?

イ・ギョンヒ:もし、過去に愛し合っていた2人が、時を経てカメラを間に置いたインタビュアーとインタビューイの形で再会したならば、カメラには映らないどれほどの隠れた物語や思いがあるだろうかと想像して、2人の主人公の職業を模索していきました。ウルの場合は、現実的にはやむを得ず卑屈にならざるを得ない、でも心の片隅には正義に対する熱い思いが残っている人物として描くために、生活のために仕方なくドキュメンタリー番組のプロデューサーをしている女性に設定しました。ジュニョンの場合は、外見的には華やかで、人も羨む大きな影響力と財力を有しているが、もう自分自身に残された時間がわずかという時でさえ、大衆の前に立たなければならないというアイロニーを描くために最高のトップスターに設定しました。

――作品の創作企画意図について教えてください。

イ・ギョンヒ:自分のせいで冷たい冬のように変わってしまったウルの人生を、再び暖かい春の日のようにして、この世を去りたかった一人の男、ジュニョンの切ない純愛物語を描いて視聴者のみなさんに届けたかったのです。なぜジュニョンがこのドキュメンタリー番組のインタビューを受けることになったか、彼の本心が表れています。その本心が、まさにこのドラマの創作意図だと言えると思います。“私が遠い昔、彼女から無惨に奪ってきたものを返して、去っていくためにです。誰よりも愛らしく、誠実で正義感にあふれて美しかった彼女本来の姿に戻して、去っていくためにです”

「むやみに切なく」独占見放題配信中
配信形態:独占先行見放題
特集ページURL:http://prt.nu/0/muyamikstyle
WEBスポット公開URL:https://youtu.be/o4eOJAYGF9s
Licensed by KBS Media Ltd. ©2016 SAMHWA NETWORKS All rights reserved

【U-NEXT サービス内容】
今なら31日間無料トライアル実施中!
ビデオ見放題サービス:1,990円(税抜)/月 毎月1,200円分のU-NEXTポイント付き
※毎月付与される1,200円分のポイントは、ポイント対象のビデオコンテンツ、および電子書籍でご利用いただけます。
※見放題以外の有料作品、またポイント不足分は無料トライアル期間中も有料となりますのでご注意ください。

記者 : Kstyle編集部