JBJ ノ・テヒョン&クォン・ヒョンビン&キム・ドンハン、デビュー曲「Fantasy」個人予告映像を公開

OSEN |

写真=LOENエンターテインメント
JBJがそれぞれメンバーのミュージックビデオの予告映像を公開した。

JBJは12日正午、1theKの公式YouTubeチャンネルおよびJBJ公式SNSチャンネルなどでデビュータイトル曲「Fantasy」の2回目の個別予告映像を公開し、予告映像の公開を終了した。

先日高田健太、キム・ヨングク、キム・サンギュンの1回目の予告映像でファンから大反響を呼んだJBJは、2日に渡りノ・テヒョン(HOTSHOTのKID MONSTER)、クォン・ヒョンビン、キム・ドンハンまで残りの3人の個別映像を一斉に公開し、迫ってきたデビュー日への期待をより一層高めた。

12日に公開された予告映像は、1次予告と同様に幻の空間を歩いていたノ・テヒョン、クォン・ヒョンビン、キム・ドンハンが光に導かれる姿を描く。夢幻的な魅力を持ったリーダーのノ・テヒョン、破格的な金髪でイメージチェンジしたクォン・ヒョンビン、強烈なカリスマ性を持った末っ子のキム・ドンハンまで、強い男らしさが感じられる3人の華やかなビジュアルが視線を奪う。

今回のJBJのデビュータイトル曲「Fantasy」のミュージックビデオは、注目されている映像プロデューサーであるフレキシブルピクチャーズのキム・ジャギョン監督がメガホンを取った。キム・ジャギョン監督はNCT127「無限的我: LIMITLESS」、EXOの「Ko Ko Bop」などのミュージックビデオを演出し、持ち前の感覚を証明している実力派だ。“幻想”から“現実”に生まれかわったJBJの独特な世界観を洗練された映像で描く予定だ。

JBJは18日午後6時、1stミニアルバム「Fantasy」を発売する。同名のタイトル曲「Fantasy」を披露し、ファンの希望を込めた“夢のデビュー”活動に入る。タイトル曲「Fantasy」は、強烈なドラムビートとサウンドと共にJBJの“ダンディーセクシー”なカリスマ性と夢幻的な魅力が調和したダンスナンバーで、中毒性の強い楽曲になるとみられる。

また、JBJは新曲を発売する10日午後8時、ソウル高麗(コリョ) 大学化汀(ファジョン) 体育館にてデビューショーケース「本当にデビューによい日」を開き、5000人余りのファンと初めて正式に出会う。この日は新曲「Fantasy」のステージが初めて公開されることはもちろん、今のJBJが誕生するまで待ってくれたファンとメンバーらが共感し合う時間になる予定だ。

JBJの1stミニアルバム「Fantasy」は18日午後6時、各音楽配信サイトを通じて公開される。





記者 : チョン・ジウォン