「黄金色の私の人生」パク・シフ、混乱するシン・ヘソンの質問に“正直覚えていない”

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV
私は誰なのだろうか。「黄金色の私の人生」のシン・ヘソンの悩みだ。

韓国で昨日(8日) 放送されたKBS 2TV「黄金色の私の人生」では、ドギョン(パク・シフ) にウンソクの幼少期について質問するジアン(シン・ヘソン) の姿が描かれた。

ドギョンがジアンの足に残っている傷に関心を見せると、ジアンは混乱しはじめた。ジアンにこの傷がついたのは、1991年だった。当時ジアンは、ミジョン(キム・ヘオク) と一緒だったが、ウンソクは1年後である1992年に失踪した。

ジアンの混乱は「僕はチェ・ウンソクではないのに」にたどり着いた。しかし、ジアンはこの疑問を誰にも打ち明けることができなかった。

代わりにドギョンに自身の幼少期について質問した。しかし、ドギョンは「君をなくす前に鳥小屋に閉じ込めたのも全く忘れていたのに、1歳の誕生日会? 正直覚えていない」と答えた。

記者 : イ・ヘミ