ペ・ジョンオク&オ・ジウン出演ドラマ「名前のない女」KBS Worldにて日本初放送決定!

KSTYLE |

©KBS
KBSドラマ「名前のない女(原題)」がKBS Worldにて日本最速&独占初放送されることが決定した。「名前のない女(原題)」は、ドロドロ愛憎劇らしい衝撃的な展開をみせ、韓国で視聴率20%越えした話題作。

普通の女子大生だったソン・ヨリが父の事故死後、ウィッドグループの養子になることから悲劇が始まる。白血病の息子ヘソンの為なら何でもするヨリの義母ホン・ジウォン役は「スパイ~愛を守るもの~」「鉄の王 キム・スロ」など数々のドラマに出演しているベテラン女優ペ・ジョンオクが演じる。ヘソンと骨髄が適合するため、ジウォンに執拗に追わるも子どもを妊娠しているため手術を拒否するソン・ヨリ役を演じるのは「笑ってトンヘ」のオ・ジウン。

自分の保身のためにヨリを裏切る事になる元恋人キム・ムヨル役を「魔女の城」のソ・ジソクが、そして「TV小説 ウンヒ」のチェ・ユンソが金と権力を使いムヨルの妻となるウィッドグループの一人娘ク・へジュ役を演じる。またウィッドグループの正統な後継者でありながら、ヨリの復讐に協力する事になるク・ドチ役を「あなたの女」のパク・ユンジェが演じる。

妊娠していたヨリは手術を拒否したことから殺人罪の濡れ衣を着せられ刑務所で出産するも、ジウォンの策略によって子どもを失い、そこからヨリは名前を変え復讐を決意するのだが…。2人の女の熾烈な戦いが悲劇を産む。壮絶なストーリー、そして衝撃的な展開をみせる「名前のない女(原題)」に期待が高まる。

視聴率40%代を記録した国民的ドラマ「君は僕の運命」「笑ってトンへ」の名コンビ演出家キム・ミョンウク&脚本家ムン・ウナが6年振りにタッグを組んだ最新作「名前のない女(原題)」は10月11日(水) より放送される。

■放送情報
「名前のない女(原題)」
2017年10月11日(水) スタート

本放送:(水・木) 22:05~23:20(2話連続放送)
再放送:(土・日) 19:40~21:00(2話連続放送)
再々放送:(月・火) 15:00~16:15(2話連続放送)

2017年/全100話(予定)

出演:オ・ジウン、ペ・ジョンオク、ソ・ジソク、パク・ユンジェ、チェ・ユンソ、U-KISSのフン

<ストーリー>
妊娠しているヨリ(オ・ジウン) は殺人罪で10年間、刑務所に行くことに。そして冷たい刑務所の部屋で子供を出産する。同じ頃、ヨリをいじめていたヘジュ(チェ・ユンソ) も病院で子供を出産していた。驚くべきことに彼女の夫はヨリと付き合っていたムヨル(ソ・ジソク) だった…。

■関連サイト
KBS World HP:http://www.kbsworld.ne.jp/

記者 : Kstyle編集部