福山雅治、訪韓決定!主演映画「三度目の殺人」が「第22回釜山国際映画祭」へ

MYDAILY |

世界的な巨匠である是枝裕和監督の新作「三度目の殺人」が「第22回釜山(プサン) 国際映画祭」の公式チケット予約のオープンと同時に、インターネットの座席が完売になった中、主演俳優・福山雅治の来韓が確定し、映画ファンの関心が高まっている。

「三度目の殺人」は、世界的な巨匠として位置を固めた是枝裕和監督が、今まで描いてきた温かい家族映画の枠から脱して制作した法廷ドラマだ。

今月9日に閉幕した「第74回ベネチア国際映画祭」ではワールドプレミアとして上映され「現代日本社会の家族に対する是枝裕和監督の、とても新鮮で興味深い視線」(CINEVUE)「素晴らしくて精巧なイメージを作り出した、完璧な撮影」(SCREEN DAILY) など好評を受けた。

福山雅治は2013年の映画「そして父になる」に続き、2度目の釜山訪問だ。彼はすでに来韓を確定した是枝裕和監督と共に、記者会見及び舞台挨拶など、映画祭の公式イベントに参加して「三度目の殺人」の広報活動を行う予定だ。

「三度目の殺人」は勝利しか知らない弁護士の重盛が、自身を解雇した工場の社長を殺害し、死刑が確実視されている三隅の弁護を担当し、事件の真実を暴いていくストーリーを描いた法廷ドラマだ。是枝裕和監督が、殺人事件という強烈な題材を通じて真実に対する洞察力あるメッセージを見せる予定で、もう一度是枝裕和監督だけの鋭くて冷たい視線を感じることができると期待される作品だ。

特に福山雅治を皮切りに役所広司、広瀬すずなど日本の代表的な超豪華俳優陣の華やかなキャスティングで注目を受け、9月9日に日本で公開した「3度目の殺人」は、公開と同時に興行成績2位にランクインするなど、現在10億円以上の売上を記録しながらブームを巻き起こしている。

記者 : クァク・ミョンドン