【REPORT】KMF 10周年記念スペシャルライブに旬のアーティストが集結!スペシャルMCはNCT ユウタとPENTAGON ユウトの日本人コンビ

KSTYLE |

www.japankorea.org
毎年K-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート「KMF」が10年目を迎え、10周年記念のスペシャルライブ「10th Anniversary KMF2017」を9月24日、横浜アリーナにて開催。これまで新人の登竜門といわれてきたKMFのスタイルを継承しつつ、今もっとも注目を集めている旬のアーティストが顔をそろえた。1日2回行われた公演のうち、1部をレポートする。


ユウタをヒョン(お兄さん)呼びするユウトにほっこり

www.japankorea.org
まずはセンターステージにNCT 127のユウタと、PENTAGONのユウトの日本人コンビがスペシャルMCとして登場。ユウトは「10周年のアニバーサリー、2017年KMFにようこそ。初めてのMCということで、少し緊張していますが、温かい目で見守ってください」と挨拶。ユウタは「今年10周年を迎えるKMF2017のテーマを知っていますか?」と観客に質問しつつ「知らんよね~」と、関西弁で自分で自分にツッコミを入れて爆笑を誘った。そのテーマとは10周年の愛と感謝を込めて“LOVE KMF”。ユウトは「僕たちがLOVEと言ったら、みなさんはKMFと叫んでください」とコールを指南し、元気よく歓声をあげる観客たちに「素晴らしい~」と満足な表情を浮かべるユウタ。さらにユウトは年上のユウタを「ヒョン(お兄さん) と呼びますね」と言って、ふたりの息の合ったMCは終始、観客をわかせた。


若さあふれるNCT DREAMのステージ!かわいい愛嬌も披露

www.japankorea.org
トップバッターを務めるアーティストは、ユウタに「僕が見てもかわいいし、自慢の弟たちです。若さあふれるこのチーム」と紹介されて現れたNCT DREAM。デビュー1年ほどでトップクラスの人気者となった彼らの登場に、満員の観客は早くも大興奮。ホワイト&ブラックの王子様の衣装に身を包み「Chewing Gum」で若さがはじけるようなステージを披露すると、「Dunk Shot」では、アリーナの外周をぐるりと囲むように設置された花道を通り、後方のサブステージへ。スタンド席や後方の観客も楽しめるようにと配慮されたこのステージの構成は大好評。出演アーティストたちは移動しながら観客に手を振ったり、ハイタッチをしたりとコミュニケーションをとっていた。MCでは、マークが「今ここにいるファンの……いるファンの……いる」と日本語をいいよどむと、他のメンバーが「大丈夫、大丈夫!!」と励ます。すると今度は流ちょうに「ここにいるファンのみなさんのためにたくさんの歌を準備してきたので、最後まで盛りあがりましょう。みなさん、歌う前に一緒に気合を入れましょうか。YO~DREAMファイティン~~!」と掛け声をあげた。この応援法は各アーティストがKMFの公式ページにて事前に動画で告知し、当日ファンと一緒にやろうと呼びかけたものだ。

www.japankorea.org
続いてメインステージに戻って、デビュー曲の「My First and Last」などを披露。最後の曲の前の挨拶ではジェノが「会場の熱気がすごいですね。日本に来るのは3回目ですが、日本のみなさんに僕たちの魅力をお伝えしたいと思います」というと、全員で「イマンクム イマンクム イマンクム イマンクム ネガ ノルル チョアヘ(これくらい、これくらい、これくらい、これくらい僕が君を好き)」と愛嬌を振りまいて、観客からは黄色い歓声があがった。ラストの曲は、最新活動曲「We Young」を日本初披露。トップバッターにふさわしい、さわやかで元気なステージで観客を魅了したNCT DREAMだった。

www.japankorea.org
続いては日韓友情枠として、日本のガールズグループ3組のステージへ。チャオベッラチンクエッティ、アップアップガールズ(仮)、PINK CRES.がそれぞれ個性あふれるパフォーマンスを披露した。

ここで再びスペシャルMCの2人がバックステージに登場。ユウトは3組のグループについて「素晴らしかったですね。ガールズグループの方々の中には、日韓の架け橋になろうと韓国語を勉強しているかたもいるそうです」とコメント。ユウタも「僕たちも日韓の架け橋になれるようにがんばります」と意気込みを語った。さらにユウタは「ユウトは韓国に住みながら、大変だよ~ってことはある?」と質問。するとユウトは「辛い物が苦手。トッポッキやキムチチゲとか、自分的には辛いんですよ。だから白飯(しろめし) を食べます」と答え、ユウタは「それでこんなに大きくなったの~?」と、2人の仲良しトークに会場は常にほんわかムード。

www.japankorea.org
ユウタも大変だったことを聞かれると「最初は言葉の壁がね。ちょっとしたことでメンバーとケンカをすると、言葉がわからないから、通訳アプリを使うんですけど、興奮しちゃっているから、間違えて打ったりしちゃって……」と答え、ユウトが「ケンカもするんだ。ケンカするほど仲が良いっていうからね」と合いの手を入れると、ユウタが「俺たちも~?」と受けて、仲良く抱き合う2人に大歓声が。さらにはユウトが「プインプイン」ユウタが「ピョン」と愛嬌を振りまくなどして会場を盛りあげた。


多くの観客に感激のTOP SECRET、CLCはレアな曲のパフォーマンスを初披露

www.japankorea.org
次に、ユウトの「今年、韓国でデビューを果たし、日本でも活躍しているグループ」との紹介を受けてメインステージに登場したのは、カラフルでスポーティな衣装のTOP SECRET。残念ながら、ウヨンが体調不良のために欠席となったが、デビュー曲の「She」と、最新活動曲「MIND CONTROL」の2曲を元気よく披露。MCではアインが「うわ~。たくさんの方がいらっしゃいますね。僕たちはこんなにたくさんの方の前で、こんなに大きなステージで歌うのが初めてなので緊張しますが、一生懸命に準備しました」と、新人らしい謙虚なコメントを。

www.japankorea.org
5組目のアーティストは韓国から唯一のガールズグループCLC。制服風の衣装で登場すると、今夏の活動曲「Summer Kiss」で、健康的かつセクシーな魅力を振りまいた。MCでは、スンヒが「みなさんに会えることができて本当にうれしいです。新曲はどうでしたか?」と挨拶したのに続き、スンヨンが「みなさんと約束したことがありますよね? 『チャミスマ』を一緒に踊ろうって。一回、見本を見せましょうか」とコメントすると、全員でサビのダンスを。イェウンが「では、元気に楽しく踊りましょう~」と呼びかけると、大きな声援で応える観客たち。最後は6枚目の最新ミニアルバム「FREE'SM」に収められた「I Like It」。韓国でもめったに披露されていないレアな曲のステージを日本初披露した。


クールから一転、キュートなステージへ!多様な魅力を見せつけたPENTAGON

www.japankorea.org
6組目は、10thKMF特別広報大使を務めるPENTAGON。デビュー曲の「Gorilla」を日本語Ver,で披露すると、ステージの前方から火柱があがり、観客はいっそうヒートアップ。「Can You Feel It」ではキレのあるパフォーマンスにため息が。MCではユウトが「みなさん、PENTAGONが横浜に来ました~!!」と元気よく挨拶。そしてキノは「僕たちは、みなさんに会ったらしたいことがありましたが、覚えていますか?」ウソクは「PRENTAGONマークを一緒に作って挨拶をします~」ユウトは「僕らが『TENTASTIC』と言ったら、みなさんは『こんにちはPENTAGONです』と言ってくださいね。まず(両手で) キツネの形を作って、合体させるって感じで……」と、観客に説明を。大きな声援で「こんにちはPENTAGONです」と盛りあげた観客に、キノは「すごい~」と目を丸くしていた。一方、イドンが「みなさん『イェッポチュケンネ(かわいくてたまらない)』は好きですか? でも、今回はやらないんです」と発言すると、がっかりするファンたちのためにジンホがアカペラで歌い、キノがダンスをするサービスも。

www.japankorea.org
中盤は「Pretty Pretty」と「LUCKY」で、今までとは一転、キュートな魅力をアピール。続いてはシンウォンの「次の曲は僕たちのリーダー(フイ) が作曲した最新曲です」との紹介からの「Like This」。そして最後は、この日のために準備したというスペシャルステージ「Beautiful」の日本語Ver,の初披露を。


独自の音楽性で魅せたNCT 127 全員の挨拶コメントにも感動

www.japankorea.org
7組目は、圧倒的なカリスマと独自の音楽性で大人気のNCT 127。テヨンのソロダンスで始まるダンスパフォーマンスに続いて「Fire Truck」では、大きな火柱があがり、真っ赤なライトの中で圧巻のパフォーマンスを。MCでは、テヨンが「みなさんすごい盛りあがってますね」と、ジェヒョン「みなさんと一緒にやることがあります」と進行するも、ここでユウタが「その前に、挨拶がありますよね。忘れていたみたい(笑)」と、ツッコミを。するとテヨンが「すみません」と照れ笑い。場を仕切りなおしてドヨンが「NCTのメンバーと横浜にいるみなさんと一緒に作るものがありますよね。覚えていますか? Nマーク」。ユウタは「それを今から作るんですが、ただ作るのは面白くないから、かわいい表情とか、男の人もいたらかっこいい表情とかをして、一緒にNマークを作ってくれたらうれしいです」と言いながら、自ら決め顔でNマークの見本を。そしてテヨンにもやるように振ると、はにかみながらもNマークを作るテヨンに黄色い歓声があがった。続いては「みなさんのNマークをもっと近くで見たいです」とのジョニーのコメントから、テイルが「僕たちとみなさんの距離は~?」と問いかけで「OMILE」のステージへ。

www.japankorea.org
日本初披露となる、さわやかな夏ソング「Summer127」はサブステージで、ファンと近い距離で盛りあがった。最後は全員がひとことずつ挨拶。ドヨン「僕たちが、もっと日本のファンのみなさんに会えるようにがんばります。応援よろしくお願いします。みなさん愛してるよ」テイル「今日とても楽しかったです」ユウタ「今日は特別な時間を作ってくれて、ありがとうございました」ジェヒョン「みなさん、また会いましょう」テヨン「本当に楽しかったです。いつも温かい応援本当にありがとうございます。いつも応援してください。がんばります」ウィンウィン「みなさん、来てくださってありがとうございます。また来てください」マーク「いつもありがとう」へチャン「本当にありがとうございます。愛してる~」。ラストはジョニーが「みなさん大好き~」とハートを作ると、メンバーから冷やかされて照れまくっていた。ラストは割れんばかりの「NCT」コールの中、「LIMITLESS」「Cherry Bomb」のステージを。


日韓の楽曲を披露したVIXX「レオの分もがんばります」

www.japankorea.org
トリを飾るのは、日韓で精力的に活動するVIXX。月と桜が映し出さされたスクリーンをバックに、扇を使ったパフォーマンスが特徴の「桃源郷」で、観客を幻想的な世界にいざなった。MCではホンビンが「僕たちは4年前にこのKMFに出演したことがありますが、10周年という記念すべき年にまた出演することになってうれしいです」エンが「今回、レオさんが体の調子が悪くて、5人だけで参加することになって残念ですが、がんばりますので一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います」と。続けてケンが「楽しんでますか~」と聞くも、おとなしめの反応にヒョギが「疲れちゃいましたか?」と。これに対しエンが「僕たちも疲れた」とコメントしたため、ホンビンが「いや、いや~。全然違う」ラビが「まだ、まだ一緒に盛りあがれますよね?」とフォローして、爆笑を誘う場面も。

www.japankorea.org
またエンは前日に福岡で野球の始球式に参加した話題に触れ、ホンビンが投げてかっこよかったとベタ褒め。ホンビンは「ソフトバンクのファンの前だったので緊張しましたが、うまくできてよかったです」と感想を語った。続いては「Fantasy」「Chained Up」でVIXXらしいクールかつパワフルなステージで魅了。激しいダンスに息を切らすと「しんどい」と悲鳴をあげつつ、ヒョギは「今日はみなさんにエネルギーをあげて、僕らがもらって今回の「ラララ ~愛をありがとう」を一生懸命にがんばります」と、9月27日に日本でリリースする新曲をアピールした。ラストの曲「Heaven」では外周の花道をゆっくり歩きながら、ファンとの別れを惜しんだ。

www.japankorea.org
フィナーレは全員が花道に散らばって、サインボール投げを。最後にユウタとユウトが各アーティストのリーダーに感想をたずねると、VIXXのエンは「みなさんのおかげで本当に幸せでした」NCTのテヨンは「いつもいつも温かい応援ありがとうございます」PENTAGONのフイは「今日は本当に楽しかったです。みなさん反応がいいです。ありがとうございました」CLCのスンヨンは「来てくださってありがとうございました。これからもがんばります」TOP SECRETのアインは「とても楽しかったです。素敵な先輩たちと一緒に楽しむことができて光栄です」とそれぞれコメント。ラストはユウタとユウトの「LOVE」と、観客の「KMF」の掛け声にコラボで、約を2時間半のステージは幕を閉じた。

www.japankorea.org
尚、2部公演の最後には、10周年を記念してKMF実行委員会とメディア連合体であるKMA JAPANの視点で「10thKMF2017」出演アーティストに感謝と敬意を込め「10th Anniversary KMF2017 Special Awards」の授賞式が行われた。

【受賞アーティスト】
最高アーティスト賞:VIXX
最高新人賞:NCT
RISING STAR賞:PENTAGON
GFSC功労杯:TOP SECRET
日韓友情賞:CLC 、PINK CRES.、アップアップガールズ(仮)、チャオベッラチンクエッティ

ライター:安部裕子

【PHOTO】VIXX&NCT 127&PENTAGONら「10th Anniversary KMF2017」記者会見に登場!日本からもアップアップガールズ(仮)他2組が出演

【公演概要】
10th Anniversary KMF2017
日程:2017年9月24日(日)
時間:1部 開場:13:00/開演:14:00 2部 開場:18:00/開演:19:00
会場:横浜アリーナ
出演者:VIXX、NCT 127、NCT DREAM、PENTAGON、CLC、TOP SECRET
日韓友情枠:PINK CRES.、アップアップガールズ、チャオベッラチンクエッティ
オープニングアクト:TARGET

主催:10th Anniversary KMF2017実行委員会
共催:NPO法人日韓文化交流会、KMAJAPAN (Korean Media Association)
後援:GFSC(Good Friends Save the Children)
公式サイト:http://www.japankorea.org/

記者 : Kstyle編集部