宇宙少女 ボナ、ドラマ部門で話題性1位に!トップ10が発表

TVREPORT |

テレビ出演者話題性のドラマ部門でKBS 2TV「ランジェリー少女時代」に出演した宇宙少女のボナが1位となった。ボナは初主演作「ランジェリー少女時代」を放送初週にドラマ部門4位に率いた。ボナの他にもチェ・ソジン(6位)、ヨ・フェヒョン(10位) がトップ10入りを果たした。

先週1位を手にした「名不虚伝」のキム・ナムギルが2位、キム・アジュンが3位だった。2週連続1位を記録したこともあるJTBC「青春時代2」のKARA出身スンヨンは4位、SBS「愛の温度」のソ・ヒョンジン、ヤン・セジョンがそれぞれ5位、8位にランクインした。

他にも「黄金色の私の人生」のシン・ヘソン(7位)、「病院船」のハ・ジウォン(9位) がトップ10入りを果たし、ドラマ出演者の話題性トップ10に女性出演者が8人もランクインする底力を見せた。

一方、KBSやMBCのストライキで多数の番組が放送休止となっている非ドラマ部門では、「ヒョリの民宿」のIU(アイユー) が1位、イ・ヒョリが4位、イ・サンスンが10位にランクインするなど話題性があった。「オッパ!プロダクション」に出演したWanna One(2位) はパク・ジフン(3位)、カン・ダニエル(5位)、イ・デフィ(8位) とメンバー3人がトップ10入りを果たした。

Mnet「プロジェクトS:悪魔の才能寄付」で復帰したシン・ジョンファンは9位にランクインした。

本調査はテレビ話題性分析会社GOODDATA CORPORATION(代表:ウォン・スヌ) が9月11日から9月17日まで放送中・放送予定のドラマ34本の出演者401名、非ドラマ番組197本の放送出演者・放送で取り上げたテーマ2694個(名) に対するネットユーザーの反応をオンラインニュース、ブログ、コミュニティ、SNS、動画再生数を通じて分析し、18日に発表したものである。

記者 : イ・ウイン