SUPER JUNIOR シウォン&カン・ソラ主演新ドラマ「ピョン・ヒョクの愛」台本読み合わせ現場を公開

MYDAILY |

写真=tvN
社会を変革する青春ドラマが来る。

ケーブルチャンネルtvN新土日ドラマ「ピョン・ヒョクの愛」(脚本:チュ・ヒョン、演出:ソン・ヒョヌク) 側がSUPER JUNIOR シウォン、カン・ソラ、5urprise コンミョンなどの姿を盛り込んだ、台本読み合わせ現場の写真を13日に公開した。

最近、ソウル麻浦(マポ) 区上岩洞(サンアムドン) にて行われた台本読み合わせには、シウォン、カン・ソラ、コンミョンを皮切りにイ・ジェユン、チェ・ジェソン、キョン・ミリ、イ・ハンウィなどが出席した。

この日、ソン・ヒョヌク監督は「若者たちが大人たちを追い抜き、自ら世の中のルールを作って行く挑戦記を通じて、それでも希望は君たちが作って行くものだと話してあげたい」と、チュ・ヒョン脚本家の企画意図に対して言及した。

続いて「企画意図が感動的だった台本は初めだ。『ピョン・ヒョクの愛』は希望を失わない若者たちに対する話だ。作品を通じて慰められるだろう」と伝えた。

チュ・ヒョン脚本家は「若者たちに希望を与える話を伝えたかった。素晴らしい監督、俳優たちと共に作業することになって幸せだ」と感想を伝えた。

純粋な魂を持った、憎むことができない純情派財閥3世ピョン・ヒョク役を演じるシウォンは、特有のコミカルな演技で皆を爆笑させ、高学歴・高スペックを持った“生計型フリーター族”のスーパーバイトガールであるペク・ジュン役のカン・ソラは魅力的なキャラクターに特有のクールで決断ある演技を加え、リアリティを持たせた。

ピョン・ヒョクが起こした事件処理を担当するクォン・ジェフン役を演じるコンミョンは、安定的な演技で魅力を誇示し、キャラクターに自然に溶け込んだという。

シウォンは「除隊後、初の復帰作だから気持ちいい負担感はあるが、最善を尽くす。『ピョン・ヒョクの愛』を通じて、愉快さと良いメッセージを伝えたい。タイトルのように社会を変革するドラマになってほしい」と意味深い感想を伝えた。

「ピョン・ヒョクの愛」は、無職に転落した生活力ゼロの財閥御曹司ピョン・ヒョク(シウォン) と、高いスペックを持つ“生計型フリーター族”のペク・ジュン(カン・ソラ)、そしてお金持ちを夢見るエリートのクォン・ジェフン(コンミョン) など、3人の若者が世の中を変えていくコミカルな反乱劇だ。

「ピョン・ヒョクの愛」は「名不虚伝」の後番組として10月14日より韓国で初放送される。

記者 : パク・ユンジン