藤田小百合、韓国男子に幻滅した過去を告白「デートで毎回…」

MYDAILY |

写真=EBS 1放送画面キャプチャー
藤田小百合が韓国の男から金銭的な詐欺にあったエピソードを公開した。

昨日(11日) 韓国で放送されたEBS 1「がさつな男女」では、藤田小百合がゲストとして出演した。

この日、パク・ミソンは「有名人たちの性スキャンダルを見ると、欠かせないことがある。今日のテーマは美人局(コッペム、色仕掛けで男性から金品を得ようとする女性) だ。美人局、ジゴロ(女から金を得て生きている男) に会ったことがあるのか」と聞くと、ヒョンジェは「ナイトクラブに行った方々がよく言うのが、美人局がいるという。該当ナイトクラブの主人と女性がタッグを組むのだ」と伝えた。

これに藤田小百合は「電子足輪(性犯罪者GPS監視装置) を付着すべきだと思うが、なぜ女性にはつけないの?」と質問すると、ヒョンジェは「性犯罪は再発の危険性が高いので電子足輪を付着するが、美人局は詐欺事件に値するからだ」と答えた。

続いてパク・ミソンは「ジゴロという言葉を聞くと、何を思い出すの?」と聞くと、藤田小百合は「10年前、韓国に初めて来た時、ジゴロに会った。デートする時、いつも財布を忘れたと言っていた。韓国文化をよく知らない私に『君のお金が僕のお金だ』と話した。初めは文化の違いだと思った。しかし文化の違いではなく、ただのジゴロだった」と伝えた。

またパク・ミソンは「最近、彼らをピックアップアーティストだと話すという」と話し、チョン・ヨンジンは「取材のため、塾に行った。行ってみたら、かっこ悪い人が多かった」と付け加えた。

記者 : ホ・ビョルヒ