佐藤江梨子&瑛太主演映画「リングサイド・ストーリー」釜山国際映画祭にて上映決定

KSTYLE |

写真=(C) 2017 Ringside Partners
映画「リングサイド・ストーリー」が、公開直前の10月12日(木) から開催される「第22回釜山国際映画祭」の「A Window on Asian Cinema部門」にて招待作品として決定し、ワールド・プレミア上映される。

日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』から3年。同スタッフが再集結して制作された武正晴監督オリジナル作品である最新作「リングサイド・ストーリー」は、10月14日(土) より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスなどにて、全国公開される。

本作は、4年ぶりに主演を務める佐藤江梨子と実力派俳優の瑛太をW主演に迎え、武藤敬司、武尊、黒潮“イケメン”二郎など、K-1&プロレス界のトップアスリートたちが豪華出演した。また、近藤芳正、余 貴美子、田中要次、有薗芳記、高橋和也など、日本映画界の名優たちが脇を固めたファイト・ラブコメディだ。

主題歌は、結成から28年目を迎え、日本のロックバンドとして咲き誇り続けるフラワーカンパニーズが楽曲を提供した。身も蓋もない現実を代弁するかのような「消えぞこない」をはじめ、エンディング、挿入歌ともに彼らの楽曲が劇中で使用されている。

■上映情報
「リングサイド・ストーリー」
10月14日(木) 全国公開

出演:佐藤江梨子、瑛太、有薗芳記、田中要次、伊藤俊輔、奈緒、村上和成、高橋和也、峯村リエ、武藤敬司、武尊、黒潮“イケメン”二郎、菅原大吉、小宮孝泰、前野朋哉、角替和枝、近藤芳正、余 貴美子

主題歌:「消えぞこない」フラワーカンパニーズ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

監督:武正晴
脚本:横幕智裕、李鳳宇
エグゼクティブ・プロデューサー:矢吹満、李鳳宇
プロデューサー:成宏基
音楽:李東峻
撮影:西村博光
照明:常谷良男
録音:岩間翼
美術:天野竜哉
編集:細野優理子
助監督:山田一洋
企画制作:マンシーズエンターテインメント
制作プロダクション:アニモプロデュース

製作:マンシーズエンターテインメント、アービング、START、グローバル・リンク・マネジメント、KT、彩プロ
配給:彩プロ
特別協力:M-1スポーツメディア、GENスポーツエンターテインメント、WALK、GENスポーツマネジメント

2017年/日本映画/日本語/カラー/104分
(C) 2017 Ringside Partners

■関連サイト
公式ホームページ:http://ringside.jp/

記者 : Kstyle編集部