「御膳立てする男」オン・ジュワン、少女時代 スヨンを突き放す

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「御膳立てする男」放送画面キャプチャー
「御膳立てする男」でオン・ジュワンが少女時代のスヨンに対し、境界線を引いた。

10日に韓国で放送されたMBC週末ドラマ「御膳立てする男」でチョン・テヤン(オン・ジュワン) とイ・ルリ(スヨン) はイ・シンモ(キム・ガプス) に彼らの仲について打ち明けた。

同日、イ・シンモはイ・ルリとチョン・テヤンが抱き合っているところを見た。イ・ルリはチョン・テヤンと真剣な仲だと明かした。しかし、チョン・テヤンはイ・シンモに「深く考えたことはない」と言い、イ・ルリを戸惑わせた。

イ・シンモは「本気でもないやつと真夜中に抱き合っているのが真剣って言えるか。今のように勝手に生きろ」と言った。

その後イ・ルリはチョン・テヤンに「先のこと、全部嘘であることは知ってる。事故の後遺症で真心を隠したことを知ってる。もうそんなことしなくていい。チーム長がどのような方であれ、本気で好きになる準備ができた。いや、今も好きだ。そんなこと心配しないで」と言った。

しかし、チョン・テヤンは「後遺症はない。お前がたじたじになるのが面白くて。本当にすまない」と話し、境界線を引いた。傷ついたイ・ルリは「二度とあなたに会うことはない」と言い、涙を流した。

記者 : チョン・ジウォン