チョン・ソミン&イ・ミンギ主演、新ドラマ「この人生は初めてなので」台本読み合わせ現場を公開

MYDAILY |

写真=tvN
「この人生は初めてなので」が台本読み合わせ現場の様子を伝えた。

韓国で10月より放送されるtvNの新しい月火ドラマ「この人生は初めてなので」(脚本:ユン・ナンジュン、演出:パク・ジュンファ) が台本読み合わせ現場を公開して、新鮮なロマンスの風を吹き込んだ。

「この人生は初めてなので」は、家を持つカタツムリが世界で一番羨ましい家なしのユン・ジホ(チョン・ソミン) と、玄関だけが自身の家(銀行のローンが多すぎて、名義者の分を換算すると玄関ほどの面積しかないとの意) であるハウスプアの家主ナム・セヒ(イ・ミンギ) が、一つ屋根の下に住んで繰り広げる収支打算ロマンスだ。青春真っ只中の男女が直面している恋愛、結婚、職業などの悩みを現実感満載で愉快に描き、深い共感を呼び起こす予定だ。

今月25日にスタジオドラゴンにて進められた台本読み合わせには、演出を引き受けたパク・ジュンファ監督とユン・ナンジュン脚本家など、制作スタッフをはじめとして、チョン・ソミン、イ・ミンギ、イ・ソム、キム・ガウン、パク・ビョンウン、キム・ミンソクなど多くの俳優が参加して、多彩な青春の人生を描いていくための熱い信号弾を打ち上げた。

ひとつに集まった俳優は、互いに挨拶を交わして安否を尋ねるなど和気あいあいとした雰囲気を作った。読み合わせ開始に先立ち、パク・ジュンファ監督は「初めから全てを上手にすることはできない。そのような不足を克服して、楽しくておもしろいドラマ作れば良い」と気合を固めた。ユン・ナンジュン脚本家は「したかった話ができるようになって、感謝申し上げる。撮影が良い天気で始まってうれしく、最終回放送の時にも皆元気で無事な姿でお目にかかりましょう。脚本を熱心に書きます」として士気を高めた。

本格的な台本読み合わせが始まるとすぐに、チョン・ソミンとイ・ミンギがやりとりする呼吸から感じられるカップルケミストリー(相手との相性) は、風変わりなラブストーリーを完成していくことを予感させた。ハウスメイトになった生計型恋愛放棄者のユン・ジホと、合理的非婚主義者のナム・セヒの役どころに没頭した二人の現実的な対話からは、どういうわけか胸がキュンと来るときめきが感知された。また、現在の自身の幸せを最も重視して消費するというYOLO(You Only Live Once) マインドを味わい深く描いていくチョン・ソミンと、ナム・セヒのサイダーのようなスカッと痛快な話法を完璧に吸収したイ・ミンギは、ドラマを見ているかのような錯覚を呼び起こさせた。これに対し、彼らの青春ロマンスに対する好奇心を精一杯引き上げた。

劇中、チョン・ソミンの友達である自由恋愛主義者のウ・スジを引き受けたイ・ソムと、結婚が夢である婚活主義者のヤン・ホラン役のキム・ガウンは、互いに相反するキャラクター特有の魅力を生かした語り口調と表現力で、躍動感あふれる演技を繰り広げた。工大生の純情男子シム・ウォンソク役のキム・ミンソクは、女性に対して限りなく不慣れで純真な性格を繊細に見せた。それと共に、男の中の男マ・ソング役のパク・ビョンウンは、大炸裂するアドリブの連続で雰囲気メーカーになり、絶え間ない笑いをプレゼントしたりもした。

俳優は感情表現とジェスチャーなどでリアルさを吹き込んで、現場に集まった多くの人々をますます台本に没入させた。このように、俳優陣は初めての出会いにも関わらず、スムーズで自然な呼吸はもちろん、高度な集中力を披露して、ドラマに対する期待感を高めた。

それだけでなく、十数分間の休み時間にも俳優は台本を見て練習をするなど、作品に対する格別な情熱を見せた。一緒に互いにおしゃべりをして笑いの花を咲かせるなどの姿で、撮影前から厚いチームワークを見せつけ、注目を集めた。

「この人生は初めてなので」は「アルゴン」の後番組として、韓国で10月から放送される予定だ。

記者 : シン・ソウォン