EXO、防弾少年団、NU'EST…8月のボーイズグループブランド評判ランキングが話題

OSEN |

写真=各所属事務所
8月のボーイズグループブランド評判のビッグデータ分析の結果、1位はEXO、2位は防弾少年団、3位はNU'ESTとなった。

韓国企業評判研究所は2017年7月11日から2017年8月12日まで測定したボーイグループブランドビックデータ106,096,019個を消費者行動分析を通じてボーイグループブランドに対する参与指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数を測定した。7月のブランドビッグデータ103,665,054個に対して2.35%増加した。

ブランド指数とは、消費者のオンラインでの習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすという点に着眼し、ブランドビックデータ分析を通じて出される指標だ。ボーイズグループブランド評判指数では、ボーイズグループに対するプラス・マイナス評価、メディア関心度、消費者の関心や疎通量が測定できる。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「ボーイズグループのブランド評判1位を獲得したEXOのブランドに対するリンク分析は『ありがとう』『愛してる』『良い』が高く、キーワード分析では『暑い』『少女時代』『脱退』が高かった。EXOブランドに対するプラス・マイナス割合分析ではプラスの割合が53.91%であると分析された」と分析した。

2017年8月のボーイズグループブランド評判ランキングは、EXO、防弾少年団、NU'EST、SEVENTEEN、BIGBANG、神話(SHINHWA)、BTOB、VIXX、WINNER、NCT、Highlight、INFINITE、B1A4、SECHSKIES、BEAST、ASTRO、SHINee、SUPER JUNIOR、MONSTA X、GOT7、2PM、Block B、JYJ、SNUPER、FTISLAND、VROMANCE、Golden Child、HALO、東方神起、VOISPERの順となった。

Red Velvet、8月のガールズグループのブランド評判1位に!キーワードは「コンサート」「Red Flaver」「EXO」

記者 : ソン・ミギョン