TWICE、単独コンサート「TWICE LAND」アンコール公演を盛況裏に終了…多彩なステージでファンを魅了

OSEN |

写真=JYPエンターテインメント
TWICEが初の単独コンサートのアンコール公演を盛況のうちに終えた。

TWICEは17~18日の2日間、ソウル松坡(ソンパ) 区蚕室(チャムシル) 室内体育館で単独コンサート「TWICE LAND -The opening-」のアンコール公演を開催し、1万2000人の観客を熱狂させた。

2月17~19日、ソウルオリンピック公演ハンドボール競技場で、デビューから1年4ヶ月で初の単独コンサートを開催して1万5000人余りのファンを集め、韓国の代表的なガールズグループの存在感を証明したTWICEは、この勢いに乗って初の海外ツアーとしてタイとシンガポール公演を盛況のうちに終えた。5月にはニューアルバム「SIGNAL」を発売し、韓国の主な音楽配信サイトの首位と、音楽ランキング番組12冠を獲得し、5曲連続ヒットを放ち、今回のアンコールコンサートを通じて新曲のステージを披露するなど、ファンと特別な時間を過ごした。

TWICEは華やかなパフォーマンスが際立つ「Touchdown」「I'm gonna be a star」「CHEER UP」を続けて披露し「TWICE LAND」のスタートを切った。メンバーは、それぞれの芸と流行語でキュートな挨拶をし、TWICEのファンクラブ“ONCE”など、会場を埋め尽くしたファンは応援用のキャンディー棒を光らせて応援した。

ヒット曲「OOH-AHHに(優雅に)」「TT」「Knock Knock」だけではなく、パワフルなパフォーマンスが際立つ4thミニアルバムのタイトル曲「SIGNAL」と、収録曲「Only You」「Eye Eye Eyes」「SOMEONE LIKE ME」など多彩なステージを披露した。バラードナンバーの「SOMEONE LIKE ME」と「Melting」では、ステージが上昇する演出と共に、メンバーの頭の上に星が落ちてくるような特殊照明で、観客の目と耳を捉えた。

また、ユニットステージに変化を与え、新しい魅力をアピールした。ナヨン、ジヒョ、チェヨンはアリアナ・グランデの「GREEDY」をカバーして、洗練されたステージマナーを披露し、モモとミナは現代舞踊で美しいラインをアピールした。ジョンヨン、サナ、ダヒョン、ツウィは大先輩歌手ナミの「くるくる」をTWICEならではのカラーで再解釈し、楽しい雰囲気を作った。

また、人気漫画「セーラームーン」と「カードキャプターさくら」のテーマ曲を用いた爽やかなステージで、キュートな魅力もアピールした。観客にも曲のポイントダンスを教えて、一緒に楽しめるように公演をリードしたTWICEは、3時間半でアンコール曲を含めて30曲を熱狂的な歓声の中で、情熱的にこなした。

公演の終盤には、TWICEがファンにビデオレターを、ファンは手書きの手紙が収められた映像をTWICEに届け、感動を与えた。メンバーは「2月より多くのファンの方々に来ていただき、皆さんのおかげでアンコールコンサートを開くことができた。TWICEがステージに立てるのは、すべてONCEがいるおかげだ。このようにアンコール公演を開くなんて、嬉しすぎて夢みたいだ。『いつもここで待っている』というスローガンイベントに本当に感動していて、感謝する気持ちばかりだ」と感謝を伝え、涙ぐんだ。

アルバム売上から音源ランキング、YouTube再生回数、音楽ランキング番組での連続1位、単独コンサートに続くアンコール公演まで、デビュー2年足らずで唯一無二の人気ガールズグループになったTWICEは、日本でもTWICEブームを狙っている。

本格デビュー前から日本ファンとマスコミから集中的な関心を受けているTWICEは、28日に代表的なヒット曲の韓国語、日本語バージョンなど10曲が収録された日本デビューベストアルバム「#TWICE」を発売する。また、7月2日にはデビューショーケースとしては異例の、1万人規模のアリーナ会場である東京体育館で、ショーケース「TWICE DEBUT SHOWCASE Touchdown in JAPAN」を開催して現地のファンに会う。

記者 : キム・ウネ