【REPORT】豪華コラボ&迫力満点のステージに感動…「KCON 2017 JAPAN×M COUNTDOWN」― 2日目

KSTYLE |

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
K-POP、K-DRAMA、K-BEAUTY、K-FOODなど韓国の多様な文化を経験することができる世界最大級のコンベンション型フェスティバル「KCON 2017 JAPAN」が、5月19日、20日、21日の3日間、幕張メッセ国際展示にて開催された。3日間を通じて、夜にはWorld No1. Chart Show「M COUNTDOWN」のライブが実施され、豪華アーティストが華やかなパフォーマンスやスペシャルコラボステージで会場を盛り上げた。


MONSTA X ヒョンウォンがDJデビュー!オープニングから驚きのステージ

2日目は人気K-POPアイドルはもちろんのこと、R&BシンガーBabylon、韓国を代表するヒップホップ歌手タイガーJKとラッパーのユン・ミレ夫妻、そして日本のラッパーZeebraまで、他の日とはまた一味違ったラインナップで注目を集めた。
オープニングではそんな2日目にふさわしい、スペシャルなステージが準備されていた。日本デビューを果たし人気急上昇中のボーイズグループMONSTA XのメンバーヒョンウォンがなんとDJに変身したのだ。思わぬサプライズ登場に会場は一気に大歓声に包まれた。「H_ONE」という名前で鮮烈なDJデビューを果たしたヒョンウォンは、Justin Ohと共にクールなDJプレイを披露。続いて同じグループのジュホンも合流、ヒョンウォンの音に重ねてカリスマ性溢れるラップを披露し、オープニングから会場は悲鳴と歓声で一気に熱気を帯びた。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
前日と同様、オープニングステージの後にはこの日の出演アーティストがステージに登壇。スペシャルMCのGOT7のJBとマークが「『KCON M COUNTDOWN』にお越しの皆さん、ようこそ! 盛り上がる準備はできていますか? 皆叫べ! Let's KCON!」と始まりを告げた。


ガールクラッシュで新しい魅力を魅せるCLCと今最もホットなシンガーBabylon

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
トップバッターを飾ったのはCLC。CLCはこれまでハツラツとしてキュートな楽曲をメインとしてきたが、今年1月、所属事務所の先輩キム・ヒョナ作詞の「鬼」でカムバック、これまでとは180度変わった大胆なイメージチェンジで注目を集めた。その「鬼」からステージを披露したCLCは、クールな視線とガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性) なダンスでグループの新しい魅力を見せた。大きな歓声を受けてユジンは「皆さん、お久しぶりです! お元気でしたか? 本当に会いたかったです!」と笑顔を見せ、スンヨンも「昨年はコンベンションに出演しましたが、今年はこのメインステージに参加させていただきうれしいです。皆さんのお陰です、ありがとうございます!」とファンに感謝の気持ちを伝えた。続いてイェウンは「会場の雰囲気が熱いですね! その雰囲気のまま次の曲にいきましょう! 明るくて元気な夏にぴったりの曲だと思います」と、昨年日本でリリースした「チャミスマ」へ。その言葉通り、グループの持ち味である爽やかさと可愛らしさで、明るい応援ソングを披露した。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
続いて登場したのは韓国のR&Bシーンで今最もホットなシンガーの1人Babylon。思わず体が動いてしまうようなナンバー「Ocean Drive」を披露すると「はじめまして、Babylonです。よろしくお願いします」と挨拶。そして「今回『K CON』に出演できてうれしいです。これからも皆さんに良い曲をお届けします」と伝えた。2曲目の「Crush On You」では、Babylonの力強くも甘い歌声によく合うゆったりとしたテンポのラブソングで会場をうっとりとさせた。


カバーダンスにこの日だけの日韓コラボも…スペシャルなステージの連続

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
ここでダンス代表として客席に登場したGOT7のジニョンとMONSTA Xのミニョク。2人はKARAの「お尻ダンス」や、ジニョンがTWICEの「TTダンス」を披露して会場を盛り上げると、今度はステージに制服ファッションに身を包んだSF9がサプライズ登場! 会場の大きなかけ声に合わせINFINITEの「Be Mine」、EXOの「Growl」、防弾少年団の「I NEED U」と、先輩のヒット曲のダンスステージを繰り広げた。「皆さんどうでしたか? びっくりしましたか?」と観客に呼びかけると「6月7日に日本デビューシングルも発売されますので、応援よろしくお願いします!」と今後の日本活動にも期待を高めた。そして先月リリースした新曲「Easy Love」で息の合ったパフォーマンスを見せた。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
SF9のスペシャルステージの次に登場したのはLOVELYZ。女神のような8人がステージに現れると、会場はたちまち大歓声に包まれた。最近デビュー後初の1位を手にした「今、私たち」で始まったステージ。バックスクリーンに鮮やかな花の映像が映し出される中、それに映える真っ白な衣装で一層美しさが際立ったLOVELYZは、すがすがしく透き通った歌声で会場を魅了した。ミジュは「日本でこの曲は初披露でしたよね?」と話し、メンバーたちは「これからももっと良いステージをお見せできるように頑張ります!」「また会いましょうね! 約束~!」と今後の日本での再会を誓った。ユニークな歌詞と振り付けで独自の世界観を表現した「WoW!」では、花道まで足を運び、ファンに手を振り会場を沸かせた。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
これまでの雰囲気が一転、次に登場したのは韓国のヒップホップシーンを牽引してきたタイガーJKと妻でありラッパーのユン・ミレ。「Jet Pack」を披露する途中、タイガーJKが「Zeebra~!」と叫ぶと日本人ラッパーのZeebraが登場、観客も「フ~!」と盛り上がりを見せた。唯一日本のソロ歌手として参加したZeebraは、2人との見事なかけあいでスペシャルコラボステージを完成させた。タイガーJKは「皆さんこんにちは! お会いできてうれしいです。そして僕たちのかっこいい友達Zeebra~!」とZeebraを紹介。Zeebraは「調子はどう? アニョハセヨ~!」と呼びかけ、「がっつりやばいショー満載なので、ガンガン盛り上がってください! 俺は2人と一緒にやばいステージができてマジで満足です!」と喜びを表した。「Get It In」では観客とコール&レスポンスを楽しみながら、余裕と貫禄を感じさせるステージで、さらに会場のボルテージを高めた。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
続いて登場したのは昨年に続いて2度目の出演となったHeizeだった。スクリーンに映し出された大きな白い月と、全身黒の衣装で登場したHeize。白と黒に染まった会場に、Heizeの訴えるような切なさの感じられる歌声が響き、幻想的な雰囲気を作りあげた。


ピコ太郎から恋ダンスまで、サービス満点のMONSTA Xのステージ

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
まるで静かな夜のような雰囲気に染まっていた会場だったが、そこから一転、和を感じる真っ赤に照らされたステージに登場したのはMONSTA XのジュホンとI.M。2人のラッパーによるスペシャルパフォーマンスは、「愛してる」「幕張メッセありがとう」「まさか」などの日本語と韓国語、英語を交えた歌詞で特別感を与えた。観客のテンションに2人も「ホントにすごいね!」「盛り上がっていこう!」とさらに熱の込もったラップを披露した。
続けてMONSTA X全員が揃って「Beautiful」へ。男性美溢れるパフォーマンスで会場を魅了すると「こんばんは、MONSTA Xです! お久しぶりです」と挨拶。一人ずつ自己紹介をしていくも、それをかき消してしまうほどの歓声に「おお~、すごいですね」とメンバーが驚く場面もあった。ここでミニョクが「今日はイベントを準備しました。プレゼントです!」と話すと、スクリーンにPHOTO TIME、腹筋公開、モノマネ、PROPOSE、DANCE TIMEなど、ファンのために準備したプレゼント候補が映し出された。シャッフルされた候補の中から、ファンの声も聞きながら最終的に1番を選ぶと、出てきたのはDANCE TIME。ウォノが「皆さんがまさかと思うような音楽もあるかもしれませんよ!」と期待させると、かかったのはピコ太郎の「PPAP」の音楽。すぐに前に出てI.Mがセクシーさも漂う自己流のダンスを披露すると、その姿にメンバーもファンも爆笑した。次に流れたのは星野源の「恋」。大ブームを巻き起こした「恋ダンス」を全員で可愛らしく披露し、ファンへの愉快な「福袋タイム」は終了した。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
続く迫力のあるダンスパフォーマンスが印象的な「STUCK」まで披露するとショヌは「『M COUNTDOWN』で日本語バージョンの曲を披露すると約束しましたよね? だから準備しました!」と、5月17日に発売された日本デビューシングル「HERO」日本語Ver.を披露。ポイントとなる腹筋を見せるパフォーマンスでは悲鳴が飛び交い、燃えるような熱いダンスで盛り上げた。ラストは全員が床に寝転び、中央のジュホンだけが座り込む形で曲が終わるが、そこでジュホンは「ありがとうございます! 愛してるよ~!」と頭の上で笑顔でハートマークを作り、ファンを喜ばせた。昨年に続いて2度目の出演となった彼らだったが、その声援から着実に日本のファンを増やしていることを実感する時間だった。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
力強い男の魅力で会場が熱くなった後は、日本でも高い人気を誇る“妖精アイドル”Apinkが登場。ますます美貌に磨きがかかったメンバーが「私がドキドキできるように」を歌い始め、一人ひとりが映し出される度に「可愛い~」と感嘆の声があがった。ユン・ボミは「楽しんでますか? 皆叫べ~!」とラブリーな声で呼びかけ、「『KCON』に参加できて本当にうれしいです。ペンライトもたくさん見えますね」と笑顔を見せた。またキム・ナムジュは「Apinkをもっと日本の皆さんに知ってもらいたいですし、7月にはツアーもありますので、ぜひ来てくださいね!」と伝えた。そしてオ・ハヨンは「次はこの季節にぴったりな曲を歌いたいと思います」と「Remember」を披露。キュートなダンスに、海辺で花火のあがるスクリーン映像とよく似合うサマーソングで会場の雰囲気を盛り上げた。そして最後に披露したのはApinkの代表曲とも言える「LUV」。この曲は切ない雰囲気の漂う別れを歌った楽曲。しかし、「最後だから一緒に歌いましょう」というメンバーの言葉通り、サビの「L.O.V.E.ラブ」を大きな声で一緒に歌うファンに、メンバーは終始笑顔を見せてステージを終えた。


GOT7のダイナミックなパフォーマンスに釘付け…甘いプロポーズに胸キュンシーンも

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
ライブもいよいよ後半戦というところで、満を持して登場したのはGOT7。7人が登場すると、会場はここまでで一番の大歓声に包まれた。一曲目の「Never Ever」から繊細かつ視線を釘付けにさせる圧巻のパフォーマンスで存在感を示した。ベンベンは「しもしも~? お元気ですか? 僕たちGOT7も元気です! ホントに会いたかったです」と挨拶し笑いを誘った。続いて「幕張メッセがすごい熱気に包まれていますね!」(ジニョン)「先輩、後輩が素敵なステージを見せてきたからだと思います」(ヨンジェ) と話すと、JBは「僕たちも負けません! プレゼントを準備してきましたよ」と、ここでMONSTA Xと同じくファンへの福袋タイムを作った。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
候補の中から選ばれたのは「PROPOSE」。ユギョム、ベンベン、ジャクソンが会場にいる選ばれたファンに向かって甘いプロポーズをすることとなった。ジャクソンのうちわを持ったファンが3人のプロポーズ相手に選ばれた中、トップバッターのユギョムはファンと目を合わせて「一緒に遊ぼう。よしよしよし」と頭をなでるジェスチャーまで披露し、会場は黄色い歓声に包まれた。ユギョムは恥ずかしかったのか、その後花道を全力で暴走する姿で爆笑を誘った。続くベンベンは途中「日本語難しい!」と苦戦しながらも「たとえ君の中で僕が一番ではなくても、僕の中で君は一番だ!」と告白し、会場を沸かせた。ラストのジャクソンは、相手が自身のファンということもあり、客席まで猛ダッシュ。ファンをハグして一輪のバラをプレゼントした。プロポーズを受けたファンは涙を流して感動した様子を見せ、また会場中も3人の告白にメロメロになった。
胸キュンのプロポーズタイムが終わった後は、GOT7の魅力が炸裂する2曲を披露。ダイナミックなダンスと力強いボーカルが印象的な「Hard Carry」、そして5月24日にリリースされる今年最初の日本シングル「MY SWAGGER」まで、圧巻のパフォーマンスで大歓声を受けた。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
この日のスペシャルMCには、5urpriseのメンバーとしても活躍する俳優のイ・テファンが登場。GOT7のステージが終わると、Apinkのパク・チョロンとステージに現れ、互いの活躍を激励し合いながらラストを飾るCNBLUEのステージへと繋いだ。


まるでソロライブのような一体感を作ったCNBLUE

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
トリを飾ったのは実力派バンドCNBLUE。カン・ミンヒョクの力強いドラムパフォーマンスで始まりを告げたCNBLUEは、「Between Us」を披露。会場からは自然に手拍子が沸き起こった。ジョン・ヨンファは「こんにちは! たくさん来てくれて本当にありがとうございます。一昨日武道館公演が終わって、また素敵なステージに呼んでいただき光栄です!」と話した。続けて「以前幕張メッセの公演でオープニングアクトをやったことがあったんです。今日は最後のステージになって感無量です、ありがとうございます!」と伝え、「今日は番組だけど、番組じゃなくてコンサートみたいなライブをやりたいけど準備はいいですか?」と呼びかけると、観客も「イェ~イ!」とノリノリに。その勢いのまま披露した「YOU'RE SO FINE」では、ジョン・ヨンファが客席に下りていき、観客と近い距離で熱唱、その後も花道で観客を見ながらコミュニケーションを楽しんだ。ジョン・ヨンファは「皆さん、ホントに熱いですね? でも寂しいですね、そろそろ最後の曲です。ずっとずっとやりたいけど……」と名残り惜しそうに話すとイ・ジョンヒョンが「僕たちは今ツアー中ですので、ツアーもぜひ見に来てくださいね!」と呼びかけた。ラストの「Can't Stop」では、ジョン・ヨンファがピアノを弾きながらファンと大合唱。ファンの大きな声に笑顔を見せながら、相変わらずの安定した歌唱力とステージを楽しむ余裕溢れる姿で観客を魅了していた。多数のアーティストのファンが集結した場であるのにもかかわらず、会場全体がCNBLUEの音楽に染まり、まるで単独ライブに来ているかのような一体感を作りあげたのは「さすが」と感じさせる瞬間だった。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
エンディングでは初日同様、出演アーティストがセルカ棒を持って登場し、花道を歩いて笑顔でファンに手を振った。記念撮影をしたり、グループを越えて互いに激励し合う姿を見せ、約2時半のステージの幕を下ろした。

【REPORT】最終日を華やかに飾った豪華アーティストたちの共演!「KCON 2017 JAPAN×M COUNTDOWN」― 3日目

「KCON 2017 JAPAN×M COUNTDOWN」
日時:2017年5月20(土) 開場:18:00 / 開演:19:00
会場:幕張メッセ国際展示ホール9ホール
出演者:MONSTA X / Apink / CNBLUE / GOT7 / Heize / CLC / Babylon / LOVELYZ / タイガーJK / ユン・ミレ / Zeebra
スペシャルMC:イ・テファン

【セットリスト】
01. BAM BAM BAM / ヒョンウォン・ジュホン(MONSTA X)&DJ Justin Oh
02. トッケビ(鬼) / CLC
03. チャミスマ / CLC
04. Ocean Drive/ Babylon
05. Crush On You / Babylon
06. ダンスパフォーマンス(Be Mine / Growl / I NEED YOU) / SF9
07. Easy Love / SF9
08. Now,We / LOVELYZ
09. WoW! / LOVELYZ
10. Jet Pack(English ver.) (feat.Zeebra)/ ユン・ミレ&タイガーJK
11. Get It In /ユン・ミレ&タイガーJK
12. Star / Heize
13. INTRO PERFOR.〈MASAKA〉 / MONSTA X
14. Beautiful / MONSTA X
15. Stuck / MONSTA X
16. HERO(Japanese ver.) / MONSTA X
17. Only one / Apink
18. Remember / Apink
19. LUV / Apink
20. Never Ever / GOT7
21. Hard Carry / GOT7
22. MY SWAGGER/ GOT7
23. Between Us/ CNBLUE
24. YOU'RE SO FINE/ CNBLUE
25. Can't Stop/ CNBLUE

オフィシャルHP:http://kconjapan.com/
主催:CJ E&M / CJ E&M Japan
企画:Mnet

【CS放送『Mnet』放送情報 / 動画配信サービス『Mnet Smart』配信情報】
「KCON 2017 JAPAN×M COUNTDOWN」

2017年5月25日(木) 18:00~20:30 (予定) ※字幕なし
<再放送>
字幕なし:5月27日(土) 深 1:00~
字幕あり:5月28日(日) 21:00~、5月30日(火) 10:30~
※終了時間は変更になる可能性があります
2017年 Mnet Korea / 各150分(予定) / 日韓同時放送・配信
詳細ページ:http://jp.mnet.com/program/1848

Mnet チャンネル情報:http://jp.mnet.com/
Mnet Smart:http://smart.mnet.com/

記者 : Kstyle編集部