キム・ナムギル&キム・アジュン、新ドラマ「名不虚伝」に出演決定…韓国で8月上旬に放送

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優キム・ナムギルとキム・アジュンが、ケーブルチャンネルtvNの新しい土日ドラマ「名不虚伝」(脚本キム・ウニ、演出:ホン・ジョンチャン、仮題) への出演を決定した。

「名不虚伝」は17世紀の朝鮮の医者であるホ・イム(キム・ナムギル) と、21世紀の韓国を生きる女医チェ・ヨンギョン(キム・アジュン) が時空を超越して成長を遂げるファンタジーメディカルストーリーだ。

ドラマ「女王の教室」を共同執筆したキム・ウニ脚本家が脚本を引き受けて、「ディア・マイ・フレンズ」を演出したホン・ジョンチャン監督がメガホンを取る。

キム・ナムギルは実在の人物であるホ・イム(許任) 役を引き受けた。ホ・ジュン(許浚)と同時代を生きて鍼医学の発展を導いた17世紀の朝鮮漢方医学の二大リーダーだ。劇中ホ・イムは最高の鍼術を持っているが現実の壁に遮られて、心がゆがんでしまった医者で、思いがけない事件をきっかけに約400年後のソウルのど真ん中にタイムスリップしてしまう人物として描かれる予定だ。

キム・アジュンはチェ・ヨンギョン役を演じる。派手でクールなルックスとは裏腹に、心の中に傷と秘密を抱いた胸部外科の3年目のレジデントであり、徹底した自己管理と共に楽しむ人生を同時に生きる完璧なキャリアウーマンだ。鍼術は医術だと認めない彼女が、17世紀朝鮮から来た医者ホ・イムと運命が絡まり合い、途方もない運命の渦に巻き込まれる。

「名不虚伝」は「秘密の森」の後番組で、韓国で8月上旬に放送される予定だ。

記者 : パク・ユンジン