BLACKPINK、自分たちだけのPM2.5対策をレクチャー!マスク紹介から手作りシャンプーまで大公開

OSEN |

写真=「マイ・リトル・テレビジョン」キャプチャー
BLACKPINKが「マイ・リトル・テレビジョン」前半1位を獲得し、ギャップのある魅力をアピールした。

昨日(14日) 午後に韓国で生中継されたMBC「マイ・リトル・テレビジョン」MLT-49では、チョン・ジュンヨン、BLACKPINK、FTISLANDのイ・ホンギとチェ・ジョンフン、キム・グラが出演した。

この日、BLACKPINKは「PM2.5 in your area」というタイトルで、PM2.5に対するコンテンツを用意した。メンバー揃ってバラエティ番組に登場したのが数回しかないため、BLACKPINKの「マイ・リトル・テレビジョン」出演はファンにも嬉しいプレゼントだった。

こんな気持を知っているかのように、BLACKPINKは最初からファンと積極的に交流した。彼女たちはファンに、PM2.5がなぜ良くないかを説明しながら、PM2.5を吸い込んだ時に悪影響を及ぼす部位をマネキンにチェックした。博識ぶりを見せるBLACKPINKにファンは「棒読みしているんじゃない?」と冗談を言ったが、メンバーは「私たちが本当に一生懸命に勉強した」と真剣な姿勢を見せた。

BLACKPINKのメンバーは久しぶりのファンとの交流に楽しい様子だった。溢れるビーグル美(ビーグル犬のように活発でやんちゃな愛らしさがあること) をアピールしてファンを微笑ませた。コンテンツを徹底的に準備したが、特有のビーグル美のため、時には集中力が散り、その度に「集中しましょう」とし、幼稚園生のように一緒に手を叩いて笑いを誘った。

BLACKPINKは市販のマスクをチェックし、どんなマスクがPM2.5対策に適しているか説明した。しかし、説明の途中にも「このマスクはPM2.5を防げない。でも本当に可愛いね」と言い、再び顔を合わせてマスクの柄にハマる姿で人々を爆笑させた。

彼女たちは犬用のマスクを作ってあげたり、PM2.5に直接届いてしまう頭皮のための漢方シャンプーを作った。シャンプーをテストするために、スタッフの中でボランティアを募集し「昨日髪洗っていない方、これは罰ゲームではありません」と親切に説明し、ファンは「どう見ても罰ゲームみたいだ」とコメントした。

BLACKPINKは前半1位を知らされた時も一風変わった反応を見せた。彼女たちはスタッフの髪を洗っていたときにランキングを発表を受け、急に静かになった。制作陣が「話しても大丈夫だ」と言っても全員が緊張して行動を止めて、ランキングの発表に耳を傾けた。そしてBLACKPINKという名前が前半1位だと発表されると、瞬時にお祭りのような雰囲気になり、メンバーはスタジオを駆け回った。

ステージ上ではカリスマ性溢れる姿だったが、ステージ裏でのBLACKPINKは茶目っ気たっぷりの普通の少女たちだった。「マイ・リトル・テレビジョン」では、そんなBLACKPINKの素顔が見られる良いチャンスだった。彼女たちが出演する「マイ・リトル・テレビジョン」の本放送は20日午後11時15分に韓国で放送される。

記者 : ユ・ジヘ