イ・ドンウク、シンガポールでのファンミーティングを成功裏に終了…ファンを魅了し人気の底力を証明

TVREPORT |

写真=IME
俳優イ・ドンウクがアジアツアーでシンガポールファンの気持ちを鷲づかみにした。

今月15日、イ・ドンウクはシンガポールにあるマリーナベイ・サンズのマスターカード劇場内のグランド劇場で開かれた「2017 LEE DONG WOOK ASIA TOUR IN SINGAPORE - For My Dear」を成功裏に終えた。

この日、イ・ドンウクはステージに登場すると同時に約1200人のファンの熱い歓声を一身に浴びた。その後、近況写真を見ながらトークを続けていき、ファンと共に過去の作品を振り返る意味深い時間を過ごした。

また、イ・ドンウクは現地のファンとゲームをしたり、ファンの願い事を聞いてあげ、楽しく幸せな思い出をプレゼントした。彼はステージに上がってきたファンと即席デュエットでドラマ「鬼」のOST「I Miss You」を歌い、忘れられない瞬間をプレゼントし、抽選を通して選ばれたファンと、過去の作品の名場面を再現し、現場の雰囲気を熱く盛り上げた。

特に、イ・ドンウクはファン思いの一面でトキメキの指数を高めた。彼はファンミーティング2部を客席でスタートさせ、客席の間を通りながらステージの上に上がった。公演が終わった後は、すべての観客一人ひとりとハイタッチをしながら、ファンと最大限に近くで触れ合おうと努力し、シンガポールのファンを喜ばせた。

それだけでなく、イ・ドンウクが行くすべての場所で、彼のシンガポールでの熱い人気を実感できた。彼が空港に到着した瞬間から、ファンの熱烈な歓迎と現地のマスコミの熱い取材に熱気が感じられた。ファンミーティングの前に開かれた公式記者会見では暑い天気であるにもかかわらず、1000人のファンで人だかりが出来た。これはイ・ドンウクへのグローバルな人気を証明した。

また、イ・ドンウクはこれから香港、インドネシア、タイ、日本、台湾でアジアツアーのスケジュールをこなし“人気男”としての動きを続けていき、毎月12日にNAVERのライブ映像配信アプリ「V」で「LAN線深夜デート-イ・ドンウクのOn the air」を通してファンと近くでコミュニケーションしている。

記者 : ソン・ヒョジョン