SHINee ジョンヒョン、少女時代 テヨンとのコラボ曲「Lovely」の予告映像を公開…多彩な音楽カラーに“高まる期待”

OSEN |

写真=SMエンターテインメント
SHINeeのジョンヒョンが全曲を自作曲で埋めた2nd小品集「物語Op.2」で、シンガーソングライターとしての一面をもう一度アピールする。

24日午後6時、MelOn、genie、Bugs!、NAVER MUSICなど韓国の各音楽配信サイトを通じて公開される今回の小品集には、タイトル曲「Lonely」からアルバムにだけ収録されるボーナストラック「Where are you」まで、ジョンヒョンが作詞、作曲した10曲が収録されているのはもちろん、アルバムから感じられる季節感に従って、四季の流れに沿って有機的に構成しており、目を引く。

特に、タイトル曲「Lonely」は少女時代のテヨンがフィーチャリングに参加し、ジョンヒョンとテヨンの特級コラボで期待を高めており、恋に落ちた相手と目を合わせてお互いの気持ちを確認したがる姿を収めた、スタンダードジャズスタイルの「Blinking Game」、次第に高まる感情が印象的なPB R&B(様々なジャンルが混ざったビンテージな雰囲気が特徴の新ジャンル) の曲「Let Me Out」、別れの後の痛みを暗くアグレッシブなサウンドで表現したネオソウルジャンルの「Fireplace」など、ジョンヒョンの多彩な音楽カラーに会うことができる。

また、MBC FM4Uラジオ「青い夜、ジョンヒョンです」で披露し好反応を得た自作曲もアレンジして収録し、ラジオDJ1000日を記念して感謝の気持ちを伝えたロマンチックな雰囲気の「1000」、軽快ながらも穏やかな雰囲気のイージーリスニング曲「Just Chill」、リズム感が際立つ洗練されたR&Bトラック「Love Is So Nice」、長い間一緒にいてくれた人々への感謝の気持ちを込めたミディアムテンポのポップ曲「Our Season」などは、正式発売を待ってきたファンの渇きを解消してくれるものと期待される。

その他にも、Mnet「月刊ライブコネクション」で公開した「Elevator」もアレンジして収録しており、KBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」でも「ゴキブリも恋人がいるのに、僕しかいない」というユーモラスな内容の歌詞を一部聴かせて好反応を得た「Where are you」もフルバージョンで完成させ、アルバムのボーナストラックとして収録し、所蔵価値を高めた。

また、ジョンヒョンは本日(21日) 正午、YouTubeのSMTOWNチャンネルとNAVERのSMTOWNチャンネルなどを通じてタイトル曲「Lonely」のMV予告映像を公開し、ニューアルバムに対する期待感を高める予定だ。

ジョンヒョンの2nd小品集「物語Op.2」は、24日午後6時に音源が公開され、25日アルバムが発売される。

記者 : チョン・ジウォン