ハ・ジウォンからチャン・ヒョクまで、27日「第18回全州国際映画祭」開幕式に出席

10asia |

写真=全州国際映画祭
今月27日、華やかに幕を開ける第18回全州(チョンジュ) 国際映画祭開幕式のゲストが公開された。

今回の全州国際映画祭開幕式には、開幕作「私たちは同じ夢を見る:体と魂」イルディコ・エニエデイ監督、「尼僧」特別上映で出席する女優キム・ジミ、インターナショナルコンペティションの審査委員に委嘱された女優ハ・ジウォン、韓国短編コンペティション審査員チョン・ウンチェ、韓国映画シナリオ作家協会が授賞するシナリオ作家賞を受賞する俳優パク・ヘイル、スエ、オ・ダルス、最近「普通の人」で熱演したチャン・ヒョクなどが招待された。

今年の映画祭の各部門の招待作に出演した俳優たちもレッドカーペットを踏む。韓国コンペティションに選ばれた「サム」の主演女優リュ・ソニョン、「寿城池」のイ・セヨンなどである。

また、コリアシネマスケープ部門の招待作である「天和」のイ・イルファとヤン・ドングンをはじめ、「道」のソン・ジェホとホ・ジン、「秋の郵便局」のオ・グァンロク、「戻る」のソン・スヒョン、「天使はウイルス」のイ・ヨンア、全州国際映画祭の看板プログラム“全州シネマプロジェクト”選定作の「詩人の恋」のヤン・イクチュン、「チョヘン」のキム・セビョク、チョ・ヒョンチョルもレッドカーペットに立つ。2014年の開幕作「新村ゾンビ漫画」のナム・ギュリも参加する。

一方、スターらが大挙参加する今回の第18回全州国際映画祭は、27日、フランスの俳優兼監督エドゥアール・ベールとパク・ヘジンアナウンサーの司会で開幕し、5月6日まで全羅北道(チョンラブクド) 全州市の映画の街一帯で行われる。

記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 前田康代